カテゴリ:徒然のこと( 61 )


2006年 09月 21日

前代未聞

え~と、萩奴、まだ動揺しているのですが、さっきエライことが起こりました。
アドレナリンだかドーパミンだか変なものがまだ出てる気がします(どっちも違うかもしれない)。



つい30分ほど前。キッチンの傍のイエ電で友達と電話してたら、
壁掛けアドレス帳の端に砂消しの角の様なちっちゃな三角形のものが出ているので
何だコレ?と触れようとしたら、ササッとなくなって、一瞬後に対角の角から何かが出ました!



ひえ~~~、なんかイモリ系のモノだあ~~~!!!!!



私は鳥系・虫系・爬虫類系は悉くダメです。
何のために世の中に存在しているのか理解できません。
まあ、鶏肉と卵は好んで食べるので鳥は良しとして(?)も。
急いでダーを呼んで、外に連れ出してもらいました。ほっ。

あんなに至近距離で、イモリだかヤモリだかトカゲだかなんか知らないが
とにかくあんなもん見て、ウッカリ触りそうにまでなって、ほんと心臓に悪いよっつ(怒)

ダーも腰が引け気味だったから丸投げして申し訳なかったけど、
家に居てくれて良かったよぉ。
あんなの、一人のときに遭遇したらどうしたらいいのか・・・。
どこか電話すんの?
保健所?
警察?(それは、叱られるね!)


それに、”野生児”うめこがお出かけ中で良かったぁ。
そんなもの家で見つけた日には、
止める術もなく目の前で大殺戮ショーが繰り広げられて
きっと、何の始末をどうつけたらいいのか分からなくなってしまう。

考えただけで、イモリ(だか何だか)本体よりも結果が怖くて、涙が出る。

あれって結局なんだったんだろう?
毛は生えてなかった。
たぶんグレーだった。
さっき寿司屋で食べてきたエンガワみたいな色だった。
遭遇した付近に子供とか卵とか連れは残ってない。たぶん。
逃げるとき、シッポを切ったりはしなかった。
体長20センチくらい?(デカイでしょ~ 涙)

はあ・・・涼しくなったからって、玄関開けとくのダメだな、やっぱり。
[PR]

by umeyakko5656285 | 2006-09-21 23:21 | 徒然のこと
2006年 09月 07日

食欲の秋、始まる

今日は、ダーと箱根で温泉に入ろうという予定でしたのよ。
ところが朝起きてみれば10時。一言、寝坊です。
まあ県内ですから、行こうと思えば行けなくもない。
でも朝方はもう一つ天気がよろしくなかったので
露天風呂は寒いかもしれないし?と弱気になり、
すすき野湯&港北NTでお買い物コースか、
万葉の湯&ベイクオーター探索コースでも、ということになりました。

そこでダーは2度寝。
私はサラダ(といえば聞こえはいいけど昨夜の冷やし中華の具材の残り)
&納豆ご飯のブランチを食べ、マッタリ。
思えば既にこの時点で、飽食の1日がスタートしてたんですわ。

昼過ぎにダー(&うめこ)起床。
ダーの休日の定番、トースト&ベーコン&目玉焼きを作ってあげたのち、
でかマグでコーヒーを飲みながらウダウダと、どっちのコースに行くか熟考。
熟考し過ぎて15時近くにやっと家を出ました。

どっちコースにしてもかなり遅め、もうスーパー銭湯でゆっくりなんてできない。
そこで、ベイクオーター&港北NTでのただのお買い物コースと相成りました。ダメ夫婦です。

---------------------------------------------------------------------------------------------

着いてみたら、平日なのにけっこう人は多い、しかしまあなんと見所の少ないモールだこと。
撮影ポイントもあまりありません。
近頃の横浜地区の大型ショッピングモールに慣れすぎていたのでしょうか?
屋内で何かまだ建設中でしたけれども・・。
a0028740_0294360.jpg


入っているのは主に雑貨屋さんと飲食店。
他のところと被ってない店をなるべく選びましたよ、的な感じは出てますが、何だか・・う~ん。
私たちの物欲が日に日に小さくなってるから、かしら。
言ってみれば、ちょっとコじゃれた駅ビル、って感じ?



冷やかしてばかりで、こんなのに目が行ったり。
「モダンペッツ」で見た「KITTY」。42万円なりよ!
どうなの、このありさま?
a0028740_0381969.jpg

モダンペッツは嫌いじゃないけど、コレに違和感を覚えるのは私たちだけではないらしい。
音に反応し踊るスティッチ(これもなかなか怪しいたたずまいではあったが ^^;)には子供が群がり
キティは一人ぼっち。
誰か買ってあげて・・・。せめて写真を一緒に撮ったりしてあげて・・・。
そしたら、きっと夢に出ないから。



a0028740_045149.jpg

同じように冷やかしては、どこかの筋からクレームがきそうな御大、フランク・ヒューエット氏。
の、垂れ幕。
すご~い。
うっかり何も買わないで出てきたら、
フラダンサーとしてはとってもいけないような気さえしてきます・・・。
あ、ひょっとして私、すこぉ~し毒吐いてる?

とりあえず出口で振り返って、ちっちゃく拝んできました。
どうかあんなふうに優しく踊れるようになりますように、っと。

そうこうしているうちに日が暮れかかり、小腹が空いてしまった私。
もうすぐ夕飯でもおかしくない時間でしたが、軽食でも、と探した私たちの目にとまったのは
「KUA’AINA」でした。
目にしてしまった以上、アボカドバーガーを食べずに、グアバジュースを飲まずに、
どうして帰ることができようか?いや、帰れますまい。
a0028740_0543799.jpg

とりあえず胃袋は大満足。
しかし結局ここベイクオーターでは、友達の誕生日プレゼントだけ購入。
たぶんもう来ないかもな・・・。他でこと足りるもん。
あ、また毒吐いちった。

---------------------------------------------------------------------------------------------

港北NTに移動したら、慣れた場所だからかホッとしてしまいました。
このくらいのヌケ感が心地いい。
しかし先日はアド街ックで特集されたんだぞ!侮れないわ。

東急ではダーがさんざん私にバカにされ悩みながら、
狭いエリアでbillabongとquiksilverの行ったり来たりを繰り返し、
やっとのこと携帯ストラップとステッカーを購入しました。セール中で、しめて千二百円たらず。
こんなにお得感満載なのになぜそう長時間悩めるのか分かりませんが、
今日は店内で30分ほどで、しかも自ら決することができたから、
”ミスター優柔不断”にしては上出来です!

達成感からか(笑)、サーティーワンを奢ってくれるって!
この時点で、今日のカロリー摂取量は考えないことに決めました。
明日、ウォーキングでもしようっと。
私はシナモンロール・スワール&ハワイアン・クランチのキッズダブル、
ダーはストロベリー・チーズケーキ&バナナ・アンド・ストロベリーのレギュラーダブル。
a0028740_116297.jpg

因みにアド街によれば、全国のサーティーワンで毎年売上げ1位を続けてる店だそうです。

ことお買い物に関しては超のつく優柔不断な彼も、名誉挽回(?!)、
サーティーワンやハンバーガー店、ケーキ店では、いつも即決できます。
バナナ・アンド・ストロベリー、チーズバーガーとポテトとコーラ、ショートケーキ。

そんな”子供舌”のため、例えば
柚子胡椒とか独活、海鼠、黒酢、おこわ、などの”大人味”なんかとても食すことができません。
やっと今年になって、もずく酢デビューしたくらいなんですの。
せっかく日本に生まれたのに、もったいない話ですわね。

---------------------------------------------------------------------------------------------

こんなにお腹一杯にしてたのに10時くらいには、
やっぱり小腹が空いちゃったと呟くダー。
そんなこともあろうかと帰宅後に私がサックリ作っておいた、カレーと牛蒡サラダをペロリと平らげ、
デザートとして駄菓子屋で仕込んでいた麩菓子まで貪る様子を見ていたら、
私もカレーをお椀に1杯くらい食べてしまいました。
ぼんやり胃が痛い・・・こんな日は・・・どうする?やめとく?
でもやっぱり、このデザートでしめとく?






a0028740_1554822.jpg

[PR]

by umeyakko5656285 | 2006-09-07 00:01 | 徒然のこと
2006年 08月 30日

ハイビスカス

a0028740_23241050.jpg

八重咲きのハイビスカスを買ってきたら、毎日のようにポンポン咲きます。
これは、一番最初に咲いた、うめこの頭より大きい花。
毎日少しずつ、蕾がいくつも大きくなっていきます。
[PR]

by umeyakko5656285 | 2006-08-30 23:29 | 徒然のこと
2006年 06月 24日

祖母が亡くなって

間もなく四十九日になります

私自身もいったんは実家に引っ越したのに、諸事情で元の住まいに戻ってきたので
(もちろんダーも梅も一緒ですよ)、
まだ荷解きも十分でないし
祖母の葬儀後の諸手続を母の代わりに行ったりもしていてヘトヘトしていますが
少し落ち着いてきました

今日やっと、インターネットが使えるようになったのですよ
長らくご無沙汰して、ご心配下さった方々には申し訳ありませんでした
そらコウちゃんも、コメント本当にありがとう
mahalo nui loa♡


--------------------------------------------------------------------------------------------


やはり数回受けた透析は、一時的に祖母の意識をハッキリさせました
筋道の通った会話をしたり家族の顔や名前を思い出したりは出来なかったものの、
家に帰りたいだとか、帰って何をしたいだとかいう欲求を周囲に訴え、
少し機嫌のいいときには歌を歌って
生きる意欲というものを見せてくれました

母などは「奇跡的に回復するんじゃないかしら?」と喜んでしまうほどで、
その生命力には本当に感動しました


しかし、せっかく透析でキレイになった血液が、上手く体に入っていかず
これ以上は体に負担がかかるばかりで可哀想だということで、治療を諦めざるを得ませんでした

結果的に弱った体に追い討ちをかけるようなことをしてしまったかもしれないけれど、
祖母が会いたいであろう人たちとお別れをし葬儀の手配をするだけの時間と、
今後私たち遺族が悔いなく生きていけるための「手は尽くした」という満足感とを、
祖母は残してくれました

さらに言えば、
退院後に入れる施設を見つけられずに頭を抱え、
「医師が何と言おうが自宅で介護をする」という根性も持てなかった、
薄情な私たちのためであるかのように
あまり長く患うことなく
最期は土曜の早朝にひっそりと、誰にも看取られずに逝ってしまいました




私は幼い頃から、なぜかこの祖母が好きになれませんでした
若いときからハッキリした人だったらしく、
今思えば私は子供心にも彼女の激しい部分を感じとっていたようで、
例えどんなに良くしてもらっても、反りが合わないというか、とにかく苦手でした
亡くなった人を悪く言って申し訳ないけれど、それが真実です

長く田舎で一人暮らしをさせてしまったこともあって
特に晩年は、すっかり無知で偏屈でケチな人になってしまい、
親戚やご近所に疎まれるようなこともあったらしいです

コツコツと溜めた血肉のような財産を、少しずついろんな人に騙され奪われ
それでも片意地を張って生きてきた、この祖母

昔ながらの子沢山な家庭に、大勢いる兄妹の下から2番目に生まれ、
経済的な理由から
上の兄妹のようには十分な教育を受けさせてもらえずに早くから働き、
嫁ぎ先では夫の弟妹を学校に通わせるためにまた働き、
夫が亡くなってからは
自分の食い扶持と一人娘の生活の援助のために働き・・・

亡くなった病室で死に化粧を施しながら、
この人は、
娘と暮らすようになった最期の数年こそ比較的静かに過ごせたかもしれないけれど、
人並みの小さな幸せを楽しんだ時期が果たしてあったのだろうか、と母と話していたら
哀れに思えて涙がとまりませんでした

観劇や旅行をするとか、趣味のために思い切った買い物をするとか、身なりに気を遣うとか、
例えばもっとささやかなこと、家族との会話を楽しむとか、
生活のなかの温かい部分をあまり求めなかった人だったのですが、
そうしたことに上手く導いて上げなかったのは、私たち家族の大きな失敗なのかも

亡くなってから、
あの頃にああしてあげていれば、などと言うのは欺瞞ですよね

でも静かになった祖母を前にしたら、
やっと彼女の強いアクもきれいに私の中から抜けて、
あまり多くはないけれど
楽しかったことや可愛らしく感じた面を思い返すことができ
肉親にのみ抱きえる情が心に沸き起こるのを感じました


それにしても、
彼女は私が仕事でお世話をしていたある上司と同じ歳だったのに・・・

片や、この祖母のような人生

片や、有名な私大を卒業し上場企業のトップまで登りつめて国内外で辣腕を揮い、
各団体でも要職を務め、
引退後は趣味のゴルフを楽しみ、知識欲も衰えを知らず、幾つかの大学で講義を受け・・・

生まれ育った環境や性別や時代背景で、こんなにも生き方が違うとは、皮肉なものです

祖母には、この世に未練や邪念を残すことなく、穏やかに眠って欲しいと祈るばかりです

誰かと比較する必要も
瑣末なことに苛ついて人を傷つける必要も
意地を張って孤独に甘んじる必要も
僅かな預金をまた誰かに奪われるのではないかと猜疑心をもつ必要も
最早ないのだから

そして、もし生まれ変わることができるなら
もっと自由に生きやすい時代に生まれて、自分のための人生を楽しんで欲しいと願います
[PR]

by umeyakko5656285 | 2006-06-24 01:44 | 徒然のこと
2006年 05月 11日

祖母

先週末から急激に容態が悪くなり、転院しました。
このまま手をこまねいていても腎不全が改善しそうになく、
尿毒症になりかかっているし
血液が作れない状態が続いているため
一か八か透析をしてみようということになったのです。

透析自体が、高齢で現在体力の落ちている祖母には危険かもしれない。
できても、一時的にしか改善しないかもしれない。
いつ急変するか分からないので
いつでも連絡がつくようにしておいて下さい、と言われました。

透析をするための管を繋いでいる箇所から昨夜出血があったそうで、
今日は入院以来何度目かの輸血をすることになりました。

祖母は、まだ負けずに闘っています。
後は、本人の生きようという気力と運次第です。
[PR]

by umeyakko5656285 | 2006-05-11 16:39 | 徒然のこと
2006年 05月 06日

今日はマジメな話

昨年ブログをお休みした時期は、いつもご覧頂いていた方々にはたいへんご心配をおかけしました。
いろいろなことが重なって、すべてのことに対処しきれなくなっていたのですが
そのうちの一つに、母方の祖母の認知症発症というのがありました。

ずっと様子を見てきたものの、家族だけでは対応しきれなくなり、
先月に介護認定の申請を出し、認定委員の面接を受けた直後に
腎機能の低下で入院したのがきっかけで、症状が一気に進んでしまいました。


私の母は私と同じく兄弟がいません。
東北の小都市から結婚後に上京したので、
特に、祖父が交通事故で亡くなって以来の約30年は母親を気遣ってきましたが
祖母は煩わしいことを嫌い、一人気儘に暮らしてきました。

7年前に母は、祖母が土いじりができるよう庭付きの家を購入し、
あらためて祖母を呼び寄せました。
それから間もなく私は結婚して実家を離れたので、ここ数年は祖母と母とで暮らしていたのです。

母はまだ定年まで間があるので、どちらで何かあっても私が動けるよう、
私たち夫婦はこの数年は両方の実家から車で15分以内の所に住んできたのですが
その「何か」が予想より早く現実になってしまいました。


今、祖母は病院のベッドに文字通り拘束されながら、
約50年前の時の流れの中に過ごしているようです。
家族や医療関係者を、若い頃に見知っていた親戚や知人と思い込んでいます。

常に幻影を見ており、私の幼い頃や母の若い姿も見られるため寂しくはない様子ですが
入院当初は拘束を解いて暴れたり徘徊したり、
点滴や輸血の針を抜いては辺りを血だらけにしたり、
ずいぶん看護士さんたちにご迷惑をおかけしていました。
今は環境に慣れてしまったらしくだいぶ大人しくなり、何だか可哀想になる日もあります。


この数週間、様々な人と様々な話をしてきて実感したのは、
今の日本は、介護においては、お金と時間がある家族を持たない人は、
どこかで他の家族の生活を犠牲にしなければ、助けを求めることすら難しい、ということです。

祖母の場合、①認知症がある②(軽度でも)持病がある③寝たきりでない、という事実に加え、
私の実家の場合、
④自宅で付きっきりで介護する人間がいない⑤経済的に余裕がない、という複合的条件がつくため
入れる施設や介助を頼める方を探すのが非常に難しいのだそうです。

例えば、「認知症があっても寝たきりでさえあれば手がかからない」ので
比較的安価で入居できる施設がある、ってことなんですって・・・。
シロウトの母と私は「寝たきりでさえあれば」に思わず絶句し、涙が出そうになりました。
でもこれが、現実です。

「寝たきりでない認知症」の老人は、
15~20万円/月の施設(もちろん医療費やら雑費は別)に入る順番を待つために
20万円以上/月の施設を3ヶ月単位で転々としなければならない、というのが現実なんです。
それも、来月結果が出る、介護認定が比較的重度のほうに認定されればの話です。

先の見えない話だからなるべく深刻にならぬよう、小さなことは笑い飛ばして過ごしてきましたが
母が心労と病院通いでゲッソリやつれてしまい、さすがに心配になってきました。

いろいろ相談した結果、私たち夫婦は急遽、今月半ばに私の実家に引っ越すことにしました。
母の家事の負担をなくし、また
祖母の施設入居費用の一部に私たちの従来の家賃分を充てて、生活を維持するためです。


一方、我が家族のことですが、
梅は、居候を決め込んだだけで私たちに飼われてるつもりはないだろうし
人間側のエゴには違いないけれど、もちろん連れて行きます。
前の飼い主の転居先から何キロも離れてるのに脱走してまで戻った、
生まれ育って慣れ親しんだ、この自然に恵まれた土地から、無理に引き離さなければなりません。

前に無傷で帰ったのが奇跡だっただけで、今度万が一逃げてしまったら、
とてもじゃないけど、野生の勘や幸運だけを頼みに帰って来られるような距離じゃない。
事故を防ぐためにも完全室内飼いにしなければなりません。

私は多少慣れている実家に行くのだからいいけれど、
ダーも梅も、さぞかしストレスが溜まるでしょう。本当に気の毒です。
特に梅は喋れないのだし、チワワのいる家に行くのだから、いろいろケアしてあげなければ。


祖母の入院以来、私も毎日のように病院に通っていて若干の疲れは否めないものの、
この数週間はブログ投稿やロムがいいストレス解消になっていましたが
そろそろ引越し準備も大詰めです。

今後暫くは、少し間隔が空いたりグチが多くなったりするかもしれませんが
どうぞ温かく見守って下さいませ。
[PR]

by umeyakko5656285 | 2006-05-06 03:30 | 徒然のこと
2006年 04月 18日

海の幸、山の幸♡

昨日は春らしいポカポカ陽気で気持ちよかったですね。
私はダーと一緒に、三浦で盛りだくさんな一日を過ごしました。

まずは津久井浜観光農園へ。苺狩りです♪
a0028740_0324929.jpg

月曜だからか観光バスもツアー客もなし、穏やかなひとときでした。
シーズン後半だけれど、とっても甘くてジューシーな苺がたくさん実っていて、本当に美味しかったです♡
練乳もお替りして、十分に堪能しました。



このあと、ダーやお仲間の皆さんがいつも集うウインドサーフィンのショップへ移動。
ウインドを楽しむには風が弱いそうで、中~上級者の皆さんは誰も海に出ませんでした。
風待ちの間はいつも、このショップ付近でお喋りしたり海を眺めたりしながらマッタリと過ごしてるそうです。
a0028740_0503247.jpg

私たちは苺で余りにお腹いっぱいで、正午を過ぎてもまったく昼食を摂る気になれません。
そこでダーは艇庫へ移動、先日買い換えたばかりの新しいセイルを試しに張り始めました。
以前ハワイで写真を撮らせていただいた”ウインド界の神”NAISHさんのブランドのもの。
組み立てる間もダーは嬉しくてニコニコです。  ↓これはまだ、広げて棒を入れただけの状態
a0028740_116396.jpg

ウインドサーフィンはサーフボードにセイル(帆)が張られているようなもので、
風を受けたセイルの向きを調節しながら波の上を走ったり跳んだりするスポーツなので、
風の強い日は小ぶりのボード&セイル、弱い日は大ぶりのボード&セイル、というように使い分けるらしい。
ダーも、ボードやセイルをいつも2種類ずつ持ってます。
これが、いちいち高くていちいち壊れるうえに、次々と新作が出るんだな・・・。(←シロウトの素朴な疑問)

この他にも、ボードには足をかけて踏ん張るための部品やフィンがつき、
ビニールのセイルには芯になる金属の棒が入り、それを別の金具とジョイントしてボードに綱で固定し、
風を操るために手で握る部品がセイルに綱で繋がれ・・・等々と、たくさんのツールが要るのです。
まったくお金のかかるスポーツです、ホントに!(←シロウトの素朴な憤り)

組み立てるのにも後片付けにも手間や場所をとるもんだから、
いざ「風が出てきたぞ!」と組み立て始めると、用意出来た頃に風が止んでしまうこともよくあるそうで。
それでもたくさんの老若男女が、真冬でも楽しげに風待ちをしているのを見たり
サイパンのホテル裏のビーチからマニャガハ島までアッという間に往復する人を目の当たりにしたりすると
かなり魅力的なスポーツだというのは間違いないようです。(←シロウトの諦め)

a0028740_1311516.jpg

↑これは、ショップのステッカーを貼っているダーと、お手伝いして下さってるお仲間のおじさま。
たぶん競技出場時や遭難時のためにも、貼っていないといけないみたい。
でも、これを3枚貼るだけで3時間もかかってるの!なぜにっ?!
私はフラの予習・復習のためのノートを持参してたし途中お散歩もしたので、なんとか暇を持て余さずに済みましたが。


やっとお腹も空いてきたので、ショップの皆さん行きつけの、漁協が営業しているお食事処へ。
ここは本当に何でも美味しい。
↓刺身の盛り合わせ2人前。10種類も入ってるの!しかも極上です!
a0028740_1472016.jpg

入り始めたら、魚介類好きな私の胃袋はもう留まるところを知りません
定食セットに、生ワカメ、鯵の南蛮漬、鯵フライ、烏賊フライ。普段あまり好まないフライ類もガンガン頼みましたさ。
ガンガン食べて、つい撮影を忘れましたのよ(汗)。
ともあれ(強引?)、2人でこれだけ食して、たった3千7百円なりよ☆
海の幸も山の幸も豊富な、神奈川県にバンザイ。



これだけ楽しく過ごしたのに、帰りの車で一人ゴンゴン眠り続けて、運転してたダーには本当に悪かったなあ。
だってお腹がいっぱいで・・・。ごめんね。
明日のレッスンで頑張ってカロリー消費してくるから、ね・・・。
[PR]

by umeyakko5656285 | 2006-04-18 02:10 | 徒然のこと
2006年 04月 15日

明日は若竹煮だ~

日付が変わって昨夜になるけど、ダーの実家から朝掘りの筍をいただいた。
ダーはウインドサーフィンをしに行った帰りに実家に寄って、私のために貰ってきてくれた訳だが、
茹でていないものを3本もいただいたらしい。

私が予定より遅く外出先から戻ってそれを受け取った時点で、既に夜9時半を回っていた。
さあ、大変!
もうすでに半日以上経過しているのだから生では食べられないし
一刻も早く茹でないとせっかくの風味が台無しになるばかりでなく、エグ味が出てしまう。
というより午前中に茹でたかったが、致し方ない。

それから入浴し夕飯を済ませてから、米を研ぐ。
今夜は炊いておいた白飯をチンして食べるつもりだったので、夕食後に予定外に炊くことになった。
要は、筍のために米の研ぎ汁が必要だったワケ。
今夜筍が届くと知っていたら糠や鷹の爪を用意したのに、と悔やんでも、これも致し方ない。
まあ、明日の朝に炊き立てのご飯でダーのお握りを作れるから、良しとしよう。
ついでに、キッチンの狭さのために夕食の準備と並行して処理できないことを、グチグチ言っても、さらに致し方ない。

いつものマッタリ時間はカットして雑用を済ませ、ようやく茹で始めたのが24時過ぎ。
日中の疲れで瞼が降りてきてるけれど、家の中にしっとりと柔らかい香りが漂って、何だかいい気分。
春だなあ・・・。


・・・そろそろ茹で上がりかな。
後は、朝までこのまま寝んでもらって・・・私も限界、もう寝る。
a0028740_211631.jpg




明日の帰りは、いつもよりちょっと良い花鰹と若布を買ってこよう。
うめこにも、その花鰹を分けてあげよう。
だって、春だもんね。
[PR]

by umeyakko5656285 | 2006-04-15 01:52 | 徒然のこと
2006年 04月 12日

むむ・・・

さっき、うたた寝をしてしまって眠れなくなっちゃった。
ので、最近の私の経験談を。

その日は、友人と現地待ち合わせで、行きつけのネイルサロンへ。
ハンドもフットもケア&マッサージのコースなので、リラックスできるよう
コットンのゆったりしたワンピースにスパッツを穿いて、ビルケン履きで行ったワケ。

その日は休日の昼間でお天気も良かったから、東横線の中も程々に混雑していて
私は最初に立っていたドアの傍から、段々中に移動していったのね。
そしたら。

突然、前に座っていた同年代の女性が席を立ち
「あの、こちらにどうぞ!」とニコニコして席をしめしてきた。
え?私?
別に具合悪くないし、荷物が多いわけじゃない。
「座りたい」オーラを出してたつもりもないけど・・・

なんだか「善意丸出し」すぎて気持ち悪いヒトだなあ。宗教かなんかなの?
どうして私?
「いいんですよ、どうぞどうぞ」と重ねてニコニコと大きな声で言われ、ますます戸惑う。
・・・次の瞬間、意図に気づいた!





(私は妊婦じゃないよ~~~!!!)





そりゃあね、20キロも太って今やすっかりハワイアン体型、
加えて、ゆったりワンピースじゃしょうがないけどさ・・・。
ちょっと悲しくなって、軽く会釈をして彼女から離れたらやっと気づいてくれたみたいでした。

帰宅してその事件をダーに話したら
「座ってあげなかったの?可哀想じゃんか」ですと。

そっか、なるほどね。
あの後気まずかったしね、でもやっぱり可哀想なのは私なんですけど。
「下手に合わせちゃって、何ヶ月ですか、とか楽しく聞かれ始めたら
その先どうやって交わしてけばいいの?」と言ったら
適当に合わせてあげなさいよ、誰も傷つかないんだから、といったようなオトナな意見でした。

本気で痩せねばならんのだろーか。
舞台栄えはするらしいんだけどな。
ちえっ。
[PR]

by umeyakko5656285 | 2006-04-12 01:51 | 徒然のこと
2006年 04月 03日

英気を養いました☆

実家の母が遅ればせながらダーの誕生日を祝ってくれるとのことで
久々に「ひゃら亭」という焼肉店へ連れてってもらいました。

川崎では、セメント通り一帯の焼肉店を除けばここが一番美味しいかも!
いつも程よく混みあっています。
そこそこいいお値段だけど、
近隣の人は、近くの敘○苑には見向きもせず、やっぱりこっちに来るみたい。
某芸能人ご夫婦も一家でお見かけします。
a0028740_1294843.jpg

これは特上カルビ、1人前2,490円なり。
カルビはこの上にまだ2ランクあって、それでもこの質なの。
脂が乗りすぎていて、私は3切れも食べたら(もう今日は、いいや)となってしまう。

本当はここの売りであるタンをたらふく食べたかったのに、19時台にして早くも品切れ。
雨のせいかいつもの土日より空いてるのに、ナゼなんだあ???!!!
と心に叫びつつ
他にたくさん美味しいものを食べてすぐ忘れちゃったよ~。むふ。



腹八分目を心がけたものの、せっかく日中のレッスンでいい汗をかいたのに
取り戻してお釣りがきてるな、きっと・・・。

ま、地獄の決算週を乗り切ったからご褒美、ご褒美・・・


・・・って、ただダーの御祝に便乗してるだけだったわ。
[PR]

by umeyakko5656285 | 2006-04-03 01:45 | 徒然のこと