カテゴリ:hawaiiのこと( 15 )


2006年 05月 01日

アネライカラニのライブ

舞浜のイクスピアリにて「アロハ・フロム・ハワイ」というイベントが行われているので
そのメインイベントのアネライカラニのライブに行ってきましたよ~。

激シブなスラック・キーのおじさまを始め
なんだかファミリー経営みたいなホンワカ加減のバックバンドも、マイカイ!な感じでしたが、
アネライカラニ嬢は噂に違わず力強く伸びのある歌声で、時おり利かせるファルセットも透明感に溢れていて
最高でした。

ライブ中の1曲「My Yellow Ginger Lei」では
元ミス・ティーン・ハワイで元ミス・アイランド・オアフのリアナ・グリーン嬢がフラを披露。
a0028740_1253797.jpg

さっきちょいと調べてみたら、
最近はカラパナのボーカルの方のバックダンサーとしてよく来日しているようです。
今回は1曲だけなのが残念だったけれど、
天使の歌声と相まって、舞浜でなくクヒオかどこかにいるかのような気持ちにさせてくれました。
たぶん、前列のほうのオジサマの中には何人か、美しい笑顔や優雅な仕草にとろけちゃった人がいたはずです。


アネライカラニはCDよりもライブが圧倒的に上手い!
まだまだノドを力で押しちゃっているところもあるようだけれど、さすがは6年のキャリアを持つ彼女。
ブルースを歌ったり、歌いながらフラのハンドモーションを織り交ぜたり、と見せ方もなかなかです。
今年もナ・ホクにノミネートされたらしいですが、受賞するかどうかはおいといて、
これからもっともっとビッグになるであろう、期待の若手であることは間違いありません。
というわけで、新星堂協賛のCD販売&サイン会に引き続き参加。
アネライカラニ&リアナのサインをゲットしました。
a0028740_1321831.jpg



アネライカラニはまだ18歳、現役女子高生だそうです!
ハワイアンらしく貫禄たっぷりな可愛らしいママがステージ正面にいて、娘を応援してました。
リアナは昨年まで大学生だった23歳。
少し喋ったら、アネライカラニは無邪気なティーンエイジャーのようでいながら客捌きも手馴れた感じ、
リアナはお客さんからの踊りを褒め称える声に終始はにかんだような笑顔で、思慮深く話を聞いてました。
ほら、こんなに二人とも可愛いの♡
a0028740_1365522.jpg



私は銀行勤めの身、明日は残念ながら仕事ですが
お休みの皆様、彼女たちのライブは明日までなのでぜひ観に行って下さい。舞浜まで足を伸ばす価値はありますよ!
他にも、ハワイアン雑貨や衣類を扱うマーケットや、ミニステージでのフラショーもありますのでっ!
それに、「クアアイナ」もありますのでっ!!!
a0028740_152180.jpg

[PR]

by umeyakko5656285 | 2006-05-01 01:54 | hawaiiのこと
2005年 02月 05日

旅行記~6日目

6日目土曜日。
朝5:50にホテルロビーでH.I.S.がピックアップするため
5:30頃にはロビーに行かなければなりません。

お部屋でチェックアウトできるホテルに泊まってたのが懐かしい・・・。


空港のセキュリティーは、往きも帰りも、言われるほど厳重ではありませんでした。
やはり9.11の2ヵ月後に行ったグアムのときが、一番ピリピリした雰囲気でしたね。

そうそう、でも今回初めて、米国入国手続きの際に全員一様に指紋を取られましたよ!
驚いて戸惑っていたら、係員がペンで私たちの手をピシリと叩いてきました。
何で?!
犯罪者扱いされているみたいで、とても感じが悪いです。

しかも外国で、事実上有無を言わさず、という手法が何だか納得いきません。
あれは個人情報として外国の機関に一定期間保管されて、
必要なときには米国内でおきた災害や犯罪に照会するってことですよね。

その情報の扱い方について説明は?
誰がそんなシステムをOKしたんじゃい!
これを事前に知らなかった無知な人間は、私たち二人だけだったんでしょうか?

100%安全・平和という世界は有り得ないのでしょうが
誰もが快適に楽しく旅行できる日がくるといいなと、切に思ってしまいました。
ドラえもんのどこでもドアみたいなヤツで。



いけない、文句をタラタラ書いてしまった。ここは「アロハをお届け」なんだった!

アロハといえば。

まるで何もしてないようでいて、かなり充実した日々を過ごせたのは、
滞在中たびたびお世話になった友人ご夫妻のおかげです。

学業や仕事の関係でご多忙中を、私たちを喜ばせるためだけに
かなり無理して時間を割いてくれて、旅の楽しさが何倍にも膨らみました。

彼らはいつも飾らずにいて、正にアロハ精神そのもので接してくれるので、
至らない私に自然といろいろなことを気づかせてくれます。

私たちは、彼らが日本にきたとき多忙を理由に何にもしてあげられなかったので
本当にありがたく思うと同時に申し訳なく思ってしまいました。

次の機会をもしいただけたら、彼ら以上のステキなおもてなしをしてあげたいです。
待ってるからね~。
とんかつ屋さんに行こうね~。



私はホノルル空港内で絶対に買いたいものがありました。
そこでしか入手しにくいという、あるレイ・メイキングの本の日本語版です。

荷物を預けてすぐ外にあったレイ・ショップに入って尋ねてみたら
12番ゲートの書店にのみ、あるとのこと。
空港が広いので大急ぎで一人移動しました。

早朝なので開店しているかどうか心配でしたが、無事すんなりゲット。
確かにこの版はネットで探せないし、レイ文化の講釈もあり内容が濃くてオススメです。

何より写真がとても美しくて解りやすい。
日本では馴染みのないイリマやジェイドのことなども詳しく載っていました。
フラダンサーのみならず、フラワーアレンジメントなどにご興味ある方にもいいかも。

私が必死で移動の間、ダーはフードコートで、またもチーズバーガーを食べてました。
チーズバーガーを研究しているわけでも、ヤケ食いでもありません。

この人の成長過程においておそらく実家で培われた、味覚や食に対する考え方には、
未だにてこずらされますわ。

帰りのCI18は、往きより揺れなかったので概ね快適でしたが
着陸前になってジェットコースターのように激しく揺れたときがあり、
機内食サービスから間もなかったので酔ってしまいました。

飛行機に酔うなんて初めてで、我ながらビックリ。
たぶんね、あのチャイナのマズイ食事とコーヒーで元々モタレてたんだと思います。

機内食って、どこの航空会社のも、押しなべて美味しくないですね。
でも食べないわけにいかないし。

以前、ダウンタウンの浜ちゃんが、
ガキ使い恒例の罰ゲームのため短時間でNYと日本を往復させられたとき、
疲労の余り一切食事しないでいたら、
スチュワーデスさんに
「麻薬を飲んで運んでいると疑われるので、無理にでも少し食べて下さい」
と言われたそうです。
コワ~。


帰りもリムジンバスを利用し、グーグー寝ていたら終点に差し掛かり。
この白くチラチラ舞っているものはなにかしら?・・・もしや雪?!ガーン・・・。

気温差約25度です。私たちは帰国後間もなく、予想通り風邪を引きました。

鼻も喉もやられ、このままスギ花粉性モードに突入しそうです。
はあ・・・ハワイに戻りたいよお。

あ、私はハワイではマンゴー花粉性になるんだった。
それじゃ、またしばらく日本での生活を続け、ハワイシックを耐え忍ぶとしますか。


これにて旅行記は終了です。
長らくおつきあいありがとうございました。
[PR]

by umeyakko5656285 | 2005-02-05 09:21 | hawaiiのこと
2005年 02月 04日

旅行記~5日目

5日目金曜日。

今日は皮肉にも滞在中一番の快晴です。
ダーはカイルアの風具合が気になっていたようですが
私のために時間を空けてくれました(後で訊いたら、結局吹かなかったらしいです、ホッ)。

ビショップのプログラムを受けることが出来なかったため
他でフラのフリーレッスンを受けさせてもらうんです。

私は買い置いていたパンを温めて、swirlの残りと共に、無脂肪ミルクで腹ごしらえ。
食事をきちんと摂って、しかも1時間は空けないと、きちんと運動できませんのでね。

持参していたパウを着てやる気満々の私に、
何はりきってんだよ、ってダーは冷ややかな眼差しでした。

キモ・ビーンズで買ったコーヒーを手に、ロイヤルハワイアンショッピングセンターへ移動。
私はビーサンの鼻緒部分の皮が剥けてしまってるので約15分を裸足で歩く歩く。
ワイキキの舗道は綺麗ですが、さすがに足の裏は真っ黒になってしまいました。
でも、どうせこれから裸足になるから、いいもん。

着いてみたら時間ギリギリで、
会場のイリマコート3F通路は100人くらいの老若男女でごったがえしてました。
a0028740_1383490.jpg

受付を済ませた後は大急ぎでストレッチです。
a0028740_1311165.jpg

人それぞれの格好ながら、ムームーやハラウの移動着らしきドレス、パウの人など
”フラやってますよ光線”を出してる人もたくさんいるので、
萩奴が特別張り切ってるワケじゃないとダーも気づいてくれましたわ。

やがて先生登場。
カホロ、カオ、ウヴェヘなどのステップをレクチャーした後、
さっそく振り写しです。

曲は「kona kai 'opua」。ゆったりしたステキな曲です。
振りは単純ですが裏カウントをとる曲なので見た目ほど簡単でない曲でした。

大盛況のため、先生は列の向きを変えたり、自分が移動したりと大忙しです。
a0028740_13141643.jpg

右端の青いドレスの女性は94歳!とても上手に踊ってらっしゃいました。
今後も精進して、ぜひあんなふうに歳を経たいものです。

お子ちゃま達もめちゃめちゃ可愛かった。
ハワイア~ンな柄の超ミニなワンピ着ちゃって!
ココブラ着けて葉っぱで編んだ帽子被っちゃってたり。
ラブリー♡

1時間のレッスンでしたが、とても楽しい時間でした。
ダーにはビーチに行っていいよ、と言ったのにずっと写真を撮っててくれました。
感謝です。

a0028740_1322887.jpg

レッスン後は先生が希望者にCDを販売してました。
次のレッスンのため移動があったので購入しなかったのですが、これは大失敗。
帰国後、amazon等で探したけど、見つかりませんわ。

さて。
このロイヤルハワイアン・ショッピングセンターから、
カラカウア通りを挟んだ筋向いにワイキキ・ショッピングプラザがありまして。

そこでは30分後から別のフリーレッスン(実際は$5徴収)があるとのことで
急いで移動です。
特定の店に15分前までに入って受付を済ませねばなりません。

ここにいらした方は、先ほどのレッスンに出られてた方がほとんど。
しかも、日本でどこかのハラウに所属している方ばかりのようでした。
先生っぽい人もいらして、ここはうんとレベルが高いのか?!と少し不安になりました。

やがて現れたシェリ先生は、少し年配で小柄な可愛らしい方でした。
有料だからなのか知名度が低いのか、生徒の人数は約20人。
ほとんどが日本人でした。
a0028740_1332571.jpg

曲は「my yellow ginger lei」。なかなかロマンチックな曲のようです。
最初の数十分で基本ステップを確認後、3番まで振り写しをし、
あとは先生の歌&ウクレレに合わせてずっと踊りこみ!
こちらも振りは単純ながら、
3番やってる最中に「次は1番~♪」とか、ランダムに指示が飛んできてなかなかにハード。

1時間半のレッスンでしたが、最後に10分くらい休憩しながら
先生が注意すべき点など丁寧に教えてくださって、なかなか充実したレッスンでした。

ハラウによって教え方が違うけれど、あなたたちの手先の動きが気になる、と
全員注意を受けました。
親指を人差し指の側面に沿わせるように動かし、手首をカクカク動かさないようにと。

手首や指のストレッチの仕方も教わりました。
分かっていてもなかなか出来ませんのよね。フラ道は長く厳しい道のりでございます。

終わって外へ出たらもう午後。
友人の旦那様に車で拾ってもらい、次は奥様の通ってらっしゃるUHへ。

大方の日本人留学生は、身に着けているものが違って遠めにもすぐ見分けがつきます。
なんていうんだろ、ハワイっぽいようでいて、ロコとは違うファッションや髪型。
20万の家賃のコンドに滞在している留学生なんかもいるそうです。
すごいなあ。
不況と言えど、日本にお金は、あるところにはあるのよね。

奥方が合流した後は、ワードのkua 'ainaへ。
やったー。
噂のアボガドバーガーと迷いましたが、私はこの日どうしても魚が食べたくて、
サンドイッチのmahi.ortega&cheeseというのをチョイスし、hearth rye というパンで。
a0028740_1413360.jpg

このortegaっていうのはなあに?と店員さんに訊いたら
「ちょっと辛いもの」という説明だったのですが
それほど辛くもない、おばけピーマンのようなものでした。↑緑の四角いのがそうです。

mahi mahiもジューシーでいてサッパリ、とってもヤミー!
ダーはといえば、またチーズバーガーでした。
さすがに飽きないのかな?

食後は友人のご自宅へ一度寄って、全員が身支度をしたらko'olinaへ。
私たちは結婚5周年なので、思い出の挙式の地へ連れて行ってもらったんです。
a0028740_14132461.jpg

敷地内のラグーンが1~4まであって4が綺麗でオススメだそうでしたが
件のチャペルはラグーン1に面して建っているので、そちらへ。

とは言っても、じゅうぶん綺麗で静かな海。
因みにラグーンの外には鮫がいるらしいよ。
a0028740_14154955.jpg

マリオットのプライベートビーチみたいですが、駐車スペースがあれば入れるようです。
ただし、シャワーや売店は整っていないのでご注意を。

私たちがいる間に、挙式が2組ありました。
必ず外のビーチに写真・ビデオ撮影に出てこられるので分かるのです。
私たちも、あんなふうだったのね。
しみじみ。

ふと振り返ったら、大はしゃぎのダーが大暴れ。
a0028740_14183766.jpg

コブラと格闘、のテイらしいです。ハア・・・。

このコブラは、枯れ落ちたヤシの葉っぱ。写真を撮ってもらって本人は満足げでした。
可愛いひと、ってことにしておきましょうか・・・。

しかし、5年はあっという間です。あまり喧嘩もせず仲良くやってこれて本当に良かった。
うまく私を操縦してくれているダーに感謝です。
a0028740_1424592.jpg

ここへ連れてきてくれた友人ご夫妻はまだ新婚さんで、
旦那様はハワイに生まれ育った方なので愛情表現もダイレクト、とっても熱々でした。

私たち、仲はいいけどあーいうの、最初からなかったよね、それってどうなの?

楽しい時間はすぐ過ぎてしまいます。また5年したら、ここに来ようね。
a0028740_1430045.jpg

・・・って、美しく終わりたいのでマツケン踊るのやめて、ダー!ムードなさ過ぎだから!

夜は友人オススメのレストラン「pagoda」へ。
水上に浮かぶように建てられた、和風味が漂う不思議空間で、お客さんはロコばかり。

いわゆるブッフェで、ここで食べたものはみ~んなとっても美味しかったのに
特に撮っておくべきだったローストビーフも含め、いつものように画像が残ってません。
理由は簡単、がっついたから!
学習効果のまるでない夫婦です。

ローストビーフがね、日本ではシェフが薄く切ってサーブしてくれるでしょ、でも
ここのはステーキ並み。
これがまた柔らかくて美味しいんです。

あまりに分厚くて、レア感がちょいキツめだったので、
私はサッと焼いていただいてからホースラディッシュで食しました。
全員、もちろんお替り。
そのほかにも数え切れないほど美味しいお料理やデザートがあったんですが、
なぜか素麺やお味噌汁に癒されました。

私たち、たぶんそろそろ帰りどきなのね。

タンタラスの丘からワイキキ方面のまばゆさを眺めつつ、つくづく思いました。

ハワイはとってもとっても楽しくて気候もよくて、気持ちもおおらかになって、
ここにいたらムダに贅沢なものに興味などなくなってシンプルに暮らせそうで、
いつもいつか住みたいと思っているけれど・・・

あんなにお先真っ暗な日本でも、うめがいて、家族がいて、仕事があって、友達がいて。
あの暮らしがあるからこそ、ハワイへの旅が楽しめるのだわ。

そう思うと、周りのいろんなことに感謝することを思い出します。本当にありがたい。


ホテルへ送ってもらう前に、ウォルマートへ。
アラモアナの近くです。

とても広くて全部の売場は見られなかったけれど、こういうところは掘り出し物ばかり。
ヴァレンタイン・デーが近いので、お菓子売場にはピンクのハートや天使が舞っています。

ダーの職場へのお土産にマカダミアナッツやスナック菓子のパックを購入、
私はといえば、噂のヴェトナミーズソースやら、マグカップなどを自宅用に。
もう思い残すものはないかな。・・・

いよいよ明日は帰国。
感慨深いものがあります。
[PR]

by umeyakko5656285 | 2005-02-04 14:43 | hawaiiのこと
2005年 02月 04日

旅行記~4日目

4日目木曜日。

前日の晩は、レンタカーを返した後にワイキキをブラブラしました。

帰りはキングスヴィレッジから、ワイキキを端から端まで延々歩いて
23時のエッグス・ン・シングス開店から入って食事をしたので遅くなったし
特に予定がない日なので、この旅行で初めて、モーニングコールも頼まず休みました。

起きたのは8時くらいだったかな。

ゆっくりとビーチに行く支度をして、keo'sというレストランの$2.99朝食を食べに出ました。
パンケーキ2枚に、卵と肉の調理方法を選ぶオーソドックスな朝食です。
2人ともベーコンとスクランブル・エッグにしてもらって、コーヒーを飲みながらマッタリ。
しばし考える。

毎日、こんなに卵や肉を摂取してていいの?
温野菜や根菜類、海藻類って一切食べてない気がするし。
どこに行ったら食べられるのかしら?やっぱり和食の店かな。
ホテルに戻ったら、costcoで買ったfish oilの大瓶サプリを開けて飲まねば。

しかし、アメリカで出されるコーヒーって何てマズイんでしょう。
どこも押しなべて”薄いコーヒー”ではなく、”コーヒー風味のお湯”。
酸味とかアロマって知ってる?って感じ。安いとはいえボッタクリだと思うんだけどな。

だからつい、スタバとかキモ・ビーンズに行ってしまいます。
クヒオ通りのキモ・ビーンズに毎日のように出勤していた、マジメで内気そうなお兄ちゃん。
やがて私たちが注文する商品を覚えてしまいました。

君は無脂肪乳のカプチーノ、彼はモカ・フラペチーノだったね。他のは試さないの?


この日もワイキキで過ごすつもりだったのに、またもや天候不順です。
マリンスポーツやらクアロア牧場やらトレッキングやらのツアーを申し込んだ人は
きっと可哀想だったなあ。
激しく天候が悪ければ中止になるかもしれないけど
中途半端に天気が良い瞬間があったりするからね~。
でも、山の向こうは全然違う天気だったりもするね。

私たちはまたビーチからプールに引き上げました。お昼までマッタリ。
お昼過ぎには昼食を食べに、ファーストフードのjack in the boxへ行きました。
通りすがりにユル~イjackのポスターを見てて、一回行かなくちゃと思ってましたの!

ダーはお決まりのチーズバーガーコンボに「葉っぱ食べたい」ってシーザーズ・サラダ。
私はサワードー・チキン・バーガー。ここでちょっとビックリしたことが。
a0028740_123416.jpg

私の食べかけも写ってしまってごめんなさい。
でも、見てみて。
バーガー類を一つずつ、コンボのポテトも一包みずつだけ、食べる私たちにですよ?

店員さんがケースに手を入れ一掴みし、トレーに載せてくれたこれ。
なんと12袋ものケチャップが!!!この量、だいぶおかしくないですか?

それに、ホットコーヒーを1つオーダーした私だけのために、
店員さんが砂糖をまた一掴み。結果、8袋もの砂糖が!!!
なんで~???

画像では分かりづらいですが、すべてが日本のより一回り大きいので
サラダの器は洗面器みたい、コーヒーも冷たい飲み物のLサイズくらいのコップ。

それでも、やっぱりこのつけかたはおかしいっすよ。
ポテトじゃなくて、ケチャップ食べてるみたいじゃん。味オンチになりますって。

写真撮った後、ちょっと多いから、ってちゃんと返しました。

とはいえ、ここで食べたものは予想以上に全部美味しかった。
あまり不健康な風味のものがないっていうか・・・マックみたいな、ね。

プールに戻って食後の体を休めていたけれど、
薄曇りの状態で寒くて、とても水着でなんか寝ていられません。
部屋に戻りました。
ハワイは常夏ではありません。オールシーズン、長袖は必携ですね。

お出かけの支度をして、またワード地区へ。
まずはダーお目当てのsouthshoreというサーフブランドショップへ。
Tシャツなんかもセンスがいいのがたくさんあって、楽しかった~。
dick brewerやbirdwellなんかがたくさんあり、レディースもけっこう置かれてました。

私はマルカイ99¢ショップへ。100均が好きな方にはオススメです。
しかも、日本から輸出されてるものも多いみたい。
日本人もけっこういました。

ここでは”お土産その2”にするものを買いこみました。
lionコーヒーの1.75oz.袋や、プルメリアの飾りの、いかにもチープなピンやゴム。
このヘアアクセたちが、女性の友人には人気でしたよ。

それから、アラモアナへ移動しロングスで必要な雑貨を購入。
ここに行くといつも重いものを買いすぎてしまうので、時間を決めて出てきました。

この日私がどうしても買いたかったのは、メイク落とし。
オイル派なのですが、詰め替えたボトルを日本に忘れてきて、
試供品パックでは足りなくなってました。

しかしクレンジングオイルは、あちらでは百貨店やDFSに行かないと買えない、
つまりコスメブランドにしか扱いがないようでした。

ロングスでも、フォームやミルク、クレンジングクロスはたくさんあったけどオイルは一個もなく、もう時間も遅くなってきて必要に迫られていたので
しぶしぶポンズのコールドクリームを買いました。

やっぱりちょっとカブレました。
日焼けしたダメージ肌には少々キツかったようです。
次回の旅行では要注意です。

この帰りに、念願のヤミーヨーグルトでおやつ。
ダーは苺のソース、私はパイナップルをトッピング。
a0028740_6582931.jpg

表看板のウ○チみたいなイラストはいただけませんが、お味は確かにとってもヤミー!

大阪と京都に出店しているらしいですね。うらやましい。
関東地区の方は、ミニストップオリジナルのヨーグルトアイスを食べて我慢しましょう。
あんな味なんです。

これを食べつつ、タワーレコードへ移動。
ハワイアンコーナーで、友人に頼まれたウクレレケースを発見できました。
私のと色違いです。
前に買ったアロハタワーのウクレレ専門店より安く、少し悔しいけど頼まれものだから良かったわ。

ここで1時間半ほどいろんなCDを見て、
raiateaの新譜とusherのmy booのシングル(日本では今、入手困難)を購入。

先日のamaのパフォーマンス、良かったですね~。
aliciaは少し太ったようだったけど、やっぱりカッコよかったね。

そんなことはおいといて。
なぜ私が、いかに音楽好きといえど、タワレコに1時間半もいたか。

それは。
ダーがお友達のために「オトナの買い物」をしていたからです!

「そういうお店」に女性客が入ると、他の男性客に迷惑だからということで
私がついていくのはダメだそうです。

以前、キングスヴィレッジ近くにあった「オトナの店」(っていうより「オトコの店」?)。
前夜に行ったらなくなってました。
品揃えと価格がよかったそうで意気消沈のダーでしたが、
街角で配られている情報誌に”お引越しセール開催中”というその店の記事を発見。
タワレコの裏に移っていたのです。

30分で出てくる約束が1時間を越えたので、
いかがわしい店でいかがわしい人相手に、言葉も分からずトラブルになってるかも?と
少し心配になり電話してみると、もう出るよ、ってことで安心しました。
が更に10分超。

後で訊いたら、
厳重にパックしてくれて時間がかかったんだよ、というそのDVDのパッケージは
「best engrish tutor」とか
「learn how to hula」などシンプルな表紙になってます。このタイトルは冒涜としか思えない!
特に後者は「vol.3」から「vol.5」までありました。
ムキ~ッ。

その後アラモアナからthe busを利用してロイヤルハワイアン・ショッピングセンターへ。
island snowでvolcomのニットキャップ、
international market placeにて母への誕生日プレゼントにワンピースを購入。

そうそう、ここで書いたことなかったかもしれませんが
秋から同じフラの先生に母も習い始めてるので、ちょっとした集まりに着るためのもの。

仕事帰りに都内から戻ってきての遅いレッスンなので、長続きするかどうか微妙ですが
運動不足解消のため頑張ってもらいたいところです。
ゴルフはしてる母だけど、シロウトの範囲では、あまり運動らしい運動じゃないですもんね。

このあとやはりチーズケーキファクトリーは2時間待ちだそうなので断念、
パラディソ・シーフード&グリルでシーフードをいただくことに。

ダーのオーダーしたアサリのパスタは「萩奴が作ったほうがウマイ」そうで
よほど美味しくなかったのかと思いますが、
私のオーダーしたブイヤベースは、ロブスターの身も程よい柔らかさで
他にも魚介類がわんさか入っていて、なかなか美味しかったです。
a0028740_11472762.jpg

そういえばね、私たち、ハワイへ行く度にABCに入る回数が減ってきました。
毎回、スタンプカードが溜まってマグがもらえるくらい買い物してたんだけど、
今やあまり行く用事がないというか・・・きっと飽きたんでしょうね。

この日、たまたま帰りに飲み物を買うため寄ったらば、日本人ツーリストでごったがえしてます。
時計は23時少し前。

なかでも、60~70代の女性集団の存在感がすごかった。
全員カゴは山盛りで、かなりな大音声で喋りながら
他の若いコたちをなぎ倒す勢いで歩いていったかと思うと突然立ち止まり、
すぐにそこに3人くらいパッと寄ってきて相談を始めたり。
あの・・・そこはレジの列ができるとこなんですけどお・・・。

彼女たち、きっと日本ではとっくにお休みになっているお時間かと。
帰国真近でお土産が心配なのかな。

女性はどこに行っても、集団になるとパワフルですよねえ。
[PR]

by umeyakko5656285 | 2005-02-04 01:28 | hawaiiのこと
2005年 02月 03日

旅行記~3日目

3日目水曜日早朝。

まだ外は真っ暗です。
まるでイメージになかったのですが、
ハワイも冬で、空が明るくなるのは6時を過ぎてから。

朝の弱いダーがグズグズと支度し終えた頃に日が昇ってきました。
まずまずのお天気だったので、レンタカーを借りて出発です。
カイルア行きも4度目くらいなので、30分くらいですんなり到着し、一安心。

まずは、ウインド界の神様が経営するnaish hawaiiへ。
naishブランド中心に、ウインドの道具や衣類などを置いています。
9時開店と謳ってますが、そこはハワイアンの店、
9時にシャッターが開いていた試しはありません。
なので、目の前のtimes coffee shopで腹ごしらえ。
腹が減っては戦はできませぬ。
a0028740_19442011.jpg

私はここのサイミン、ダーはここのパンケーキが大好きです。
ほんとはパンケーキでもよかったけど、今回はやっぱりマックのサイミンのリベンジ!
手前のポットはマスタードですが、これは入れずアロハ醤油を二差しくらいで。
a0028740_19512662.jpg

食後にnaish hawaiiへ戻ったら、ちょうど開店したところ。
昨年はnaishさんご本人に偶然会えて、記念撮影するわTシャツにサインを貰うわ、
ダーは大喜びだったのですが
今回はnaishさんの弟さんと、他にもう一人スタッフのお兄ちゃんがいただけでした。

今日の風ぐあいはどうなのか尋ねたら、終日風が出ない見込みだから
レンタル用の道具を積んだワゴンはビーチに行かない、とのこと。
でももしやりたいなら、
レンタルする道具を決めてくれたら、道具も君たちも運んであげる、と言われました。

ビーチには、(あまり質の良くない道具ばかり扱ってるけど)他のショップのワゴンも出てるはず、
もしnaishの道具を借りたいほどの風が出たら戻ってきてもいいので
まずはビーチへ。
雨こそ降らなかったけれどスカッと晴れたのはお昼過ぎでした。
a0028740_20124636.jpg

とはいえ、全米ビーチランキングでも常に上位で有名なビーチらしいですし、
グラビア撮影など行われるラニカイビーチも隣にあるような、
とっても居心地のいい美しいビーチなので、ただそこにいるだけでも和みます。
a0028740_20172731.jpg

でも、ウインドができずフラストレーションの溜まったダーは、
”犬神家の一族ごっこ”などして一人遊び。

私が気がついてカメラを向けたから良かったものの・・・ハ~。
誰か助けに来ちゃったらどうすんのっ。
ま、彼にとっては
メッカに行って巡礼できず帰ってきてしまったような日なので、大目に見ましょう。

14時頃になってもやはり吹かないので、ビーチを引き上げカイルアタウンを散策しました。
a0028740_236261.jpg

いつも思うんですが、バックで駐車するロコは皆無で、面白いんです。
ガーッときて頭から突っ込むようにパッと停めて、またガーッと出て行きます。
多少縁石に乗り上げて下を擦ってしまったとしても、まるで意に介してないもよう。

そうそう、イエローリボンのステッカーを貼った車をよく見かけました。
「私は対イラク戦争を指示します」という印だそうで、主に軍の関係者が使ってるそうです。
う~ん。
何だか考えさせられてしまいました。
画像はありませんが、あしからず。

ブラブラしていたらbaby showers hawaiiという、可愛らしいベビー用品の店を発見。
子供はいないのに、何でも欲しくなって困りました。

最近出産した友人に「可愛いスタイを見つけてくるよ」と約束していたから、
正にうってつけのハワイらしい柄を即購入。
これをつけた赤ちゃんを見るのが楽しみです。

メイシーズや、ダイエー、コじゃれたインテリアの専門店、アンティークショップ、
映画館などなどありましたが
それほど店の数は多くなく、高い建物はまったくない、こじんまりした和みの街です。
夕方になり、まだ昼食を食べてないことに気づいたので
teddy's bigger burgerで昼食です。キッチュでポップな内装、って感じ。

メニューに「no curbo dietをしてる方!protein burgerがあります、お尋ね下さい」。
興味は湧いたけど、いかにも不味そうなのでやめました。
a0028740_2343448.jpg


a0028740_2344165.jpg

ダーはチーズバーガーコンボ、私はフィッシュ&チップスを。なかなかの美味でした。

私がこの日無意識に求めていたのは「酢」だったようで、
このフィッシュ&チップスについていたビネガーを、食後に飲み干してしまいました。
家で飲んでる黒酢の味でした。
なぜだ?

この日、本当は私は
ビショップ博物館にて”ラ・クレア・ツアー”というのに参加したかったのです。

水・金のみ実施される、クムにフラを習えるプログラムなんですが、
最小催行人数が2名で、私しか申し込んでいる人がいないということで断られました。
金曜も結局ダメでした。

夫婦2人とも、目標が達成されずとても残念な日でしたが
これはこれでノンビリできて良かったです。

パリ・ハイウェイは眺めが良く、
舗装のメンテが悪い悪路ながらドライブ気分は最高でした。
次は、naish hawaiiのスタッフさんが教えてくれたように、秋にカイルアに来ようね。ダー。
a0028740_23532660.jpg

[PR]

by umeyakko5656285 | 2005-02-03 20:18 | hawaiiのこと
2005年 02月 03日

旅行記~2日目

さて、2日目火曜日早朝。

雨が振り出しましたけど。
山向こうのカイルアはもっとダメな天気らしい。

雨雲が切れてすぐ晴れたりするけど、ダーによると「予報の風速は、ウインドにとっては無風」。
ってことで、カイルアは明日以降にして
今日はのんびりワイキキビーチで過ごすことにしました。
a0028740_12572666.jpg

まずはE-Zディスカウントショップで例のゴザ購入。
途中、マックに寄って朝食をテイクアウトです。

ダーはダブルチーズバーガーのコンボ、私は噂の裏メニュー、サイミンをオーダー。

ドリンクは何にするか聞かれ、一瞬
(温かいのが飲みたいなあ、でも冷たいジンジャーエールをギュッと飲もうかなあ)と迷った私。

すると店員さんのおにいちゃん。
「オネミナム?・・・おねみなむ?・・・お・ね・み・な・む??」と謎の呪文を
私のほうへ前かがみになって一生懸命言ってくる。

何事かと聞き返したら、どうやら「お飲み物は?」と聞いてくれてたらしい。

(この日本人、きっとdrinkが分からないんだね!)と思ってくれたのね。
ありがとう。
でも却って戸惑ったよ。
しばらく我が家ではこの「オネミナム?」が流行りました。

サイミンとは、ベトナムのフォーのような、沖縄そばのような、あっさりスープの麺料理。
たいてい野菜炒めのようなものを浮かべてあります。
漢字で書いたら「細麺」らしいよ。

隣の列に並んでたツーリストの白人男性が驚いて、
あの彼女が頼んだアレはどんな料理なんだ?メニューにないがジャパニーズ限定なのか?とか、
チキンブロスなのか?宗教食なのか?とか、いろいろ店員さんに尋ねていました。

んで、マックのサイミンは、といえば。
一回経験したから、もういいや、って感じのマズさでした。
麺はポソポソ、スープはコクがない。
ま、ファーストフードですものね。
あ、写真撮るの忘れちゃった。
またかよ!

フォート・デ・ルッシー・ビーチに着いて、
大量の鳩を追い払いつつ(←怖かったよ~)食事を済ませたのち、
サンスクリーンなどを塗りっこして、ゴロリと横になり約10分後。
雨です。

雨雲が見渡す限り続いているので、ホテルのプールで過ごすことにしてあえなく退散。
ホテルまでの徒歩7~8分の間に
かぶってるゴザから水が染み出すほどの強い雨になったのに、
いざプールに行ったら強い日差しが照りつけてきました。

1時間ほどプールで過ごした後、ずっと晴れているので
せっかくだからビーチへ行こうよということになり、また移動です。
疲れました。

でもこの後も、どうせ寝てるだけだからさ、ってわけで。
私たちの今回の旅のテーマは、「お金を遣わずのんびり過ごす」です。

夕方までビーチで寝そべり、本を読み、音楽を聴き、ひたすらマッタリしました。
結局、ちゃんと日焼けできたのはこの日だけ。

夕方からは、シャワーを浴びてthe busに乗り込み、ワード地区へ移動です。
去年連れてきて貰った時は、brew moonで飲んだだけで終わってしまったので、まず一回り。

ダーは海パンを買いたかったので、サーフブランドショップなどを見て回りました。
ダウンのコートが売られていてビックリ。
これはツーリスト用なのかしら?ロコもダウン着るの?

途中、swirlという新しい話題のお店に通りかかったので入ってみました。

冷凍バナナや生リンゴをチョコファッジやキャラメルファッジにどっぷり入れて、
引き上げた周りにナッツやらマシュマロやらチョコチップやらを万遍なくつける、という、
恐ろしく高カロリーに違いない、危険なシロモノです。

でも、やっぱり食べました。旅先で食事の我慢はいけません。

ダーは冷凍バナナのほうだったのですが、写真を撮る間もなく完食でした。
私はgrannysmithにキャラメルファッジをかけ
マシュマロとクッキークランチとナッツをトッピング。ヤミー、ヤミー。

でも、これを完食したら私は間違いなく夕食は食べられないのでほとんど持ち帰りました。
a0028740_12535074.jpg

この後、特に買い物もせずグルっと回ってアラモアナに徒歩移動。
1時間後、ダーがやっぱり買いたくなった海パンを購入するためまたワードへ徒歩移動。

移動の多い日です。swirlのカロリーはいくらか消費できたのかしら。

と思っていたところでbucca di beppoを発見。
ここは、数人でシェアして食べるタイプの、大皿料理のイタリアンレストランです。

ダーは噂の巨大ミートボールを食べたかったようですが、
ほとんど食べなかったにも拘らずswirlが応えていた私はお手伝いを拒否し、
ハウスサラダと、ホウレン草と海老のピザをオーダー。

でも最初に出てきたサラダを見ただけで、結構お腹いっぱいになりました。
私の腕(もうこの時点で肌が黒くなってますね)と皿の大きさを比較して下さい。
ちなみに、これは深皿です。すごい量です。
a0028740_1246321.jpg

この後出てきたピザ。私は二切れで勘弁してもらいました。
サラダもピザも本当に美味しかったので、食べられない自分が不甲斐なくさえ思えてしまいました。
a0028740_12514829.jpg

でも、残りをすべて平らげたダーにはビックリです。
なんでこのヒト、太らないんだろう?
不公平だわ。
a0028740_13294531.jpg

[PR]

by umeyakko5656285 | 2005-02-03 12:31 | hawaiiのこと
2005年 01月 30日

旅行記~出発から1日目まで~

行って来ましたよ、冬のハワイ。

萩奴家における史上最高の貧乏旅行でしたが、楽しかった~。
萩奴夫婦の「命の洗濯~ハワイ旅行記」をアップします。

あの、たぶんつらつらと長ったらしく書くので、覚悟してください。
ま、ブログは自分のためですものね。
書きたいように書きますので、ご興味なければすっ飛ばして下さいませ。


いつもより簡単に支度ができてしまったので、
出発までダーは落ち着かなげでした。
荷物が少なすぎて、何か入れ忘れてるのじゃないかと。

ウインドの道具であるハーネス、ワンデーアキュビュー、
忘れちゃならないパスポート、これらさえ自前のものを用意できれば、
衣類の替えとか歯磨きセットなんてものは、現地調達で十分なくらいの人なのです。

化粧品やら生理用品やらアクセサリーやらが要らなくて、
男性はいいですのう。

成田へはリムジンバスを予約してましたので、最寄り駅へ移動。
途中で簡単に昼食を摂ろうということになったのですが、
私は早くもハワイモードになっていたらしく、珍しくも、進んでマックへ。

その気になればこれから毎日食べられるのにね。
でもやっぱり美味しくなかったです・・・。

その後の消化不良が若干心配でしたが、
いつものごとく乗り物に乗車15分後には熟睡できる私。
母による幼少時の刷り込みのおかげでございます。「乗り物に乗ったら、寝てしまえ」

その間、ダーは隣で
「六本木ヒルズはどれなんだ?」としばらく悩んでいたそうです。

このヒト、旅行時のリムジンバス以外で多摩川を前回渡ったのは
5年前に銀座へ結婚指輪を買いに行った時。
東京は苦手なんですって。

まあ、都内で10年以上もOLしてたくせに、私もそうですが。
私たちが今、台場や汐留に行ったら迷子札が必要かもしれません。

やがてバスは無事90分ほどで成田着。
19時半の出発なのに、まだ15時過ぎです。

ドルを買ってお土産を買って本を買ってもまだまだ余裕なので、
スタバのカプチーノをすすりながらひたすら飛行機を眺めていました。
こんな余裕があるなら、
いっときでも長くうめを構ってあげたかったというのが正直なところ。

うめこは本当は、誰の助けも借りず生きていけるindependent womanですが、
同居人たちの勝手で旅行するたび、寂しく不便な思いをさせて、申し訳ない限りです。
かといって、室内にとじこめておけない性質の方なので、
ペットホテルとか人に預けるとか、ぜったいムリ。
a0028740_11585187.jpg


定刻どおりチャイナエアラインは出発しました。
機体の小さな飛行機だったからか、成田離陸直後から終始、
「気流の悪いところを通過しております」というアナウンスとともに
遊園地のアトラクションのごとく上下左右に激しく揺れて
あまり眠れませんでした。

機内ではときおり悲鳴も上がるような有様で、
飛行機の苦手な方や体調の優れない方には地獄の6時間半だったことでしょう。

なんといっても、空の上では逃げ場がありませんもの。
やっぱり冬だからかな~?



ともあれ、無事にホノルル着。
残念ながら冬のハワイは、空港に降り立った瞬間に感じるあの独特の花の香りもなく、
肌寒く空もグレーでした。気分もちょっぴりグレー。

南国にバケーションにきたぜ!的な開放感もまだ感じられません。
a0028740_150444.jpg


H.I.S.の安パッケージの渡ハなので、ガサっとワゴンに詰め込まれ
免税店内の事務所で開かれる説明会へ。

あれ、本当に嫌なシステムです。
女性が狭い部屋に何十人も押し込めて1時間ほど喋りまくるのですが、
旅行者にとって最低限必要な連絡・注意事項は10分もあれば十分。

じゃ後は何を話すのかというと、お土産品販売やツアーの説明で、
どう考えても特定の会社や店からマージンをとってるとしか思えない、正しく「営業」です。
希望者だけにして欲しいです。
到着後間もないから、あれでドッと疲れてしまうのです。

そうそう、この説明会で、食事クーポンを購入していた人たちに
あのエッグス・ン・シングスのクーポンを配っていたのを見ました。
だからきっと今までと違い、日中はたいへんな混雑になってるんですね。

エッグス・ン・シングスへは、夜間か早朝に行くことをオススメします。
私たちはだいたい23時の開店頃に行きますけれど
今回もお客は5組ほどいただけでしたよ。

説明会後は、まずは朝食に向かいましたが
エッグス・ン・シングスは既に行列が出来ていたので
近くの「チーズバーガーズ・イン・ワイキキ」へ。

パンケーキやらスクランブルエッグやらのオーソドックスな朝食をオーダー、
まったりしていると陽が射してきて、少しハワイにきた気分がでてきました。
ここのスムージーは味が濃くて、なかなかの美味でした。
a0028740_1481081.jpg


ホテルのチェックインを待たず友人の旦那様と合流。
未踏の地、パールリッジに一度落としてもらいました。

当日はDr. Martin Luther King's Dayによる三連休最終日だったので
セールも行われており、かなりの混雑ぶりです。

そうそう、カラカウア・アヴェニューでは、
アフリカン・アメリカンの方々によるパレードも行われていましたっけ。

他のショッピングモールより赤ちゃん・幼児連れの人や
ローカルの学生たちが多かったようです。
私は書籍店のBordersにて、ウクレレのコード本とリボン・レイ・メーキング本、
そしてサプリ専門店にて友人に頼まれたコエンザイムをゲット。
さすがサプリ大国アメリカ、噂に違わぬ安価です。
自分のぶんと、あとティーツリーオイルも買ってしまいました。日本であまり見かけないよね。
うめこがケガしたら使えそう。

ひとしきり巡っていたら人いきれして疲れてしまい、
Cold Stone Creameryで一休みしていたところにバケツの水をひっくり返したような雨が!
さ、さむい!
いや、いや、こんなの、求めてきたハワイじゃないわ。やめて~。

タイミングよく友人ご夫妻が私たちを拾いに現れてくれました。

瀟洒な邸宅へお招きを受け、一休み。夕食は私たちの希望でBBQです。
世話好きな優しい旦那様と共に、costcoへ買出しに行きました。

悲しいことに、ここで
格安のコエンザイムと、これまた格安の、さっき買ったウクレレ本を発見。
オアフでお土産を買うなら、まずはcostcoへ、ってことですね。
早まってしまったことに、いたく反省。

ここでは夕食の食材(肉、サラダ、ポキ2種類などなど)と、
お土産のシリアルバー30個入り、ジェイクの新譜、滞在中のための7枚入りショーツをゲット。
初日にして、既に買い物しすぎ。
またしても反省し、konaコーヒーは棚に戻して、帰宅です。

さて、いよいよホストの腕自慢のBBQ。
私たちゲストと奥様は、ドリトスとポキを、ホスト特製の美味しいカクテルやビールで楽しみ、
肉のサーブを待ちます。
旦那様は一人、篠つく雨のなか、お庭の一角で焼いてくださっています。
ああ、人の作ってくれるご飯て、本当に楽しいですねっ。

やがて、お待たせ~の声と共に、
ハワイアンソルトで味付けされたジューシーな柔らかビーフが山盛りで登場。
もう逆立ちはできません、てぐらい肉を頬張り、
口から芽が出そうなくらいサラダを頬張り。
ご夫妻がご愛用のRanchドレッシングというのが、
サッパリクリーミーで美味だったので、先日のA氏へのお土産リストに加えました。

さすがに、気心知れた仲のお喋りの勢いでも燃焼が追いつかなかったので
肉の供給にやがてギブ・アップ。
でもうちのダンナはしっかり別腹に空きを残しておいてアイスクリームまで食べていました。
なんで太らないんだろう、このひと!!!ムカ。

a0028740_1026531.jpg

2日目の天気は、どうも思わしくない予報。
ダー待望の、ウインドのメッカ、カイルアへ向かいます。
[PR]

by umeyakko5656285 | 2005-01-30 11:56 | hawaiiのこと
2004年 09月 26日

私は・・・

いつもお邪魔しているそらコウさんの記事にトラバさせていただきます。
ハワイアン占いやってみましたよん。


「あなたのハワイアンネームは  MOANA (モアナ)

意味は 太平洋 。大きな海のように穏やかなあなた。
どんなことでも許してあげられる器の大きな人です。
ただし大荒れすると手に負えない面も?! 」

う~ん。。。確かにノンビリしているけど。。。
[PR]

by umeyakko5656285 | 2004-09-26 18:37 | hawaiiのこと
2004年 08月 22日

hawai'i fesのご報告 pt.2

さて、再びみなとみらい駅に戻り
今度は日本大通り駅へ。大桟橋の本会場に向かいました。
やはり、駅を跨いで二会場に分けるのはいかがなものか・・・。
私のようにハワイやこのフェスに執着がなければ、
駅に着いた時点で行く気が失せて帰り道の切符を買ってしまいそうです。

さて、大桟橋に到着。日も落ちてきて潮風が心地よかった。
去年は桜木町から少し頑張って歩いてきたけれど、MM線が通って今年はラクです。
でも本当は、横浜では地下を通るのはもったいない。
ステキな景色がたくさんあるし、そぞろ歩きをしてこそ楽しめる異国情緒がありますものね。
a0028740_9282113.jpg


大桟橋はこんな感じ。
船を模したようなつくりになっていて、このデッキが中央入口から中まで続いています。
去年はこの中のデッキ部分で開催されていたのですが
今年はこの奥、船の発着所の横を通り抜けた所にあるホールで行われていました。
a0028740_9323531.jpg


中に入ると、予想通りの、そりゃあもうすごい人ごみ。
ショーが行われていましたが、背が低いせいもあって何だかよく分からん。
短い腕をせいいっぱい伸ばして撮影しましたら、こんな感じ。
ちゃんと見たかったよ~ん(泣)
音も混雑のためかよく聞こえなかったものの、さすが本場のサウンド、楽しかったです。
他にもたくさんの日本のハラウのショーが行われていました。
皆さん、とっても美しかった!私も早くショーに出られるほど上達したいものです。
a0028740_9372434.jpg


私は結局、グアバジュースを飲み、衣装にもなるドレスやハワイの植物の本、
ダーとおそろいでレイン・スプーナーの財布をゲットして帰宅しました。
と書くといたって淡々と買い物したようですが、数時間かかりました。
やっぱり、あれもこれも欲しくなって。
飲食関係も、去年より本格的なものが出ていました。
関内のハワイアンレストランなどが出店していたようです。
途中、屋上のデッキに出たときにおばちゃんが食べてたロコモコが美味しそうだったな。
a0028740_946794.jpg

今になってから(あれ買えばよかった)というのはたくさんあります。
服や小物だけでなく、植物の苗なんかも。
そういえば、当たり前のように
各店の店員さんは(フラやってますよお)な髪型や容姿の方が多かった!
層の厚さを痛感。私なんてまだ底辺のかどっちょ近辺かしら。

来年は、二会場の分け方やショーの扱いなどを工夫してくださるよう期待しつつ。
そういえば、日本のハラウの出場者は、エントリーフィーを払って出場されたのだそうな。
このへん何とかなればなあ。
だって、ショーをきちんとした形のものにすれば、あれだけ高品質なショーばかり集まれば
逆にお金がとれるくらいな内容ですよ。
ジェイクたちのプレイベントも、もう少し宣伝しちゃってれば。
とはいえ、年々規模が拡大していくのでしょうから、今後に乞うご期待、なイベントです。
来年はぜひ皆様も!
a0028740_1015845.jpg

[PR]

by umeyakko5656285 | 2004-08-22 09:26 | hawaiiのこと
2004年 08月 21日

hawai'i fesのご報告 pt.1

予告までしておきながら、遅くなりまして申し訳ないです。
マコさんがこれをどこかで見てくださるといいのだけれど・・・。

私は、フラ・マスターのアンクル・ジョージがみえる土曜ではなく
フェス初日の金曜午後に、ランドマーク~大桟橋のコースで行ってまいりました。
みなとみらい駅からクイーンズスクエアへの巨大エスカレーターを上がっていく前に、
ここまでで少々長旅だったため、まずはトイレ、と思ったら
男女の入口が分かれる手前に、おぼっちゃま用のちっさな
おちっこスペース発見!
このセンス、横浜らしくていいな、と思わずパチリ。
あいつ便器撮影してるぜ、田舎モンは何でもめずらしいのかな、みたいな表情の
コじゃれた若者は無視。(ブログのためだもの!)と撮影してきましたのです・・・。
a0028740_9131532.jpg


今年から混雑や事故回避のため、出店許可を抽選にして
ランドマークと大桟橋とに分けたらしいのですが、
当然のことながら大桟橋に外れた人は正に「ハズレ」なわけで、
せっかく抽選にあたっても、ワリに合わないので辞退した店も多かったらしいです。
なので、3Fだったかな、上のほうの階の吹き抜け部分に沿って
グッズなどを扱う店が10店舗くらい出店していただけでした。
課題ありですね。
a0028740_22124227.jpg


私がランドマークに到着した直後、1F中央ステージで
アグネス木村さんとフラのハラウ(教室)とのジョイントでショーが行われていました。
関係者らしい人々で小さな着席スペースはほとんど埋まっており、
一般の人は遠巻きに見ているだけ。
大桟橋で行われているたくさんのショーを集合させて、
ドッグヤードガーデンで行うわけにはいかないのかな?
あれは、ちょっともったいないです。
a0028740_2213776.jpg


全体的にランドマーク会場は、まだ試験的な雰囲気でした。来年に期待しましょう。
pt.2は大桟橋の本会場のほうのご報告を。
[PR]

by umeyakko5656285 | 2004-08-21 22:16 | hawaiiのこと