萩奴からalohaをお届け!

umeyakko56.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:my friendsのこと( 9 )


2006年 09月 21日

お誕生日会

9月生まれの子のお祝いをしてきました。
去年お正月に出産した、OL時代の後輩です。
年は1つ下なんだけど趣味や物事の考え方が合うので
OL時代は旅行や買い物や映画などなど、よく一緒に出かけました。

今はお互い結婚し、私も彼女も会社を辞め、すっかり生活の接点がなくなりましたが
4人で互いに持ち回りのお誕生日会をするのでちょくちょく会っています。

以前より一緒にいる時間は格段に減ったけれど、
不思議とやはり趣味や考え方はあまり変わらず一緒のようです。
こういう友人は長く大事にしたいものです。



向かった場所は表ヒル。噂に違わぬ広さです。
a0028740_053290.jpg

空腹のせいかワキの締めが甘かったようでブレブレですね~。
何撮ってるのか分かりづらいけど、一応、3Fから吹き抜け部分を撮ってみました。
同潤会のほうがやっぱり雰囲気良かったけど、世の中、形あるものはいずれ無くなるものね。

今日のお祝いの場所は「トラットリア・アンド・ピッツェリア・ザザ」。
「サルヴァトーレ・クオモ」のシェフ(だった?)方の店ですって。
開放的でクオモよりさらに賑やか。
カジュアルながら、思っていたより落ち着いた感じの店でした。
当日は3連休最後の日で、折りしも昼時、さほど並ばずに入れてほんとに良かったです。

メニューは2千3百円のブッフェランチのみ。
前菜はブッフェコーナーから好きなだけ取ってきて、
メインはパスタやピザ、肉、魚、といくつかある中から選ぶプリフィクス・スタイルです。
もちろんデザート・コーヒーつき。かなりお得感満載です。

店内は満席で、中央のブッフェコーナー付近は入店時に既に長蛇の列が。
お料理をとった後は、さらに伸びた列を掻き分け掻き分け戻る、
という大混雑のわけで、あまりいろんな写真は撮れませんでしたのよ、おほほ。
a0028740_162911.jpg

ブッフェコーナーは、種類も量も盛りだくさんでした。
ちょっと重たい感じのものが多い気もしましたが、押しなべて美味しかった~。
豆のトマトソース煮込がおすすめ。
でも一口くらいずつ遠慮気味にとったとしても、全種制覇してしまうと絶対メインは苦しいので
これから行く方はお気をつけあそばせ。

ここのピザはね、やはりさすがに美味しゅうございます。
ネットの下調べでもちらほら見かけた「マルゲリータ」、ほんと毎日でも食べたいような美味しさ。
ブッフェコーナーで並んでる間、
大理石のカウンターでピザを黙々と作り続けるセニョールをジッと見ていたけど、
あんなにシンプルな作りでもサッパリと深い味って、やっぱりあの生地とチーズが良いのか?
アンチョビと海老とオリーブのほうのピザも、皿ごと食べられるくらいでした。

あんまりピザが美味しかったからか、
メインでオーダーしたチキンや目鯛のグリルは、
まあ、フツーに美味しいけどどうってことない、って感じがしてしまいました。
今度行ったらぜひパスタも食べてみよう。

このあと表ヒルを文字通りグルグル巡って疲れ果てましたが
コンセプトのはっきりした面白いお店が多くて楽しかったです。
横浜にもこういう場所ができればなあ。同じようなモールが多すぎる。
今や一線を画しているのはバーニーズNYくらいですかね。
もう元町界隈も変わっちゃったし・・・。

いっときは銀座もどきになるのかと思った表参道、
裏通りまでちょっとした楽しげな店やカフェが増えていて、やはり他とは一味違う街なのでした。

帰りに
[PR]

by umeyakko5656285 | 2006-09-21 01:59 | my friendsのこと
2006年 09月 17日

ウマウマなニクを喰らってきたぞ。

雨の夜の横浜駅西口。

雑踏を目で掻き分けたら一際輝くオーラ発見。
近づく前から貿易風を感じるとでも言いましょうか・・・。

ああ、そらコウちゃんたら、
こんな薄汚いホコリっぽいところでも、なんて爽やかさんで美しいのっ。感動!!


この日は久々に会って一緒に鶏肉をガッついてきました。

たまたま二人ともTVで見てた「一鶴」という店に行ったんだけど
最初に焼肉屋さんのような紙エプロンが渡されたので
すっかり嬉しくなっちゃって。
そんなに肉汁バチバチなのっ??!!キャー!!! ←嬉しい悲鳴

まだ何にも出てきてないけど思わず、いそいそ首にかけちゃって。
そしたら、そんなにワクワクしてるヤツ、店内に誰もいなかったのでした。てへ。

まあ、その紙エプロンも、
夢中で食べるうちにいつものように椅子の下に落としてしまったのだけど、
そのくらいウマウマな肉が現れるってことなのであります。
a0028740_23575442.jpg

最初に注文したのは「おやどり」。噛み応えと肉の風味がウリ。
これだけでもかなりお腹がいっぱいになってしまいます。
a0028740_23592691.jpg

次は「ひなどり」。柔らかくてジューシー、がウリ。

両方とも足一本まるまる出てくるので、食べ応え十分。
女性2人でいくなら「ひなどり」を1本ずつ攻めて、
余力あれば「おやどり」を半分ずつ、くらいが良いと思います。

それに「おやどり」は、冷めてくるとどんどん噛み応えが増します。
というか、か、噛み切れない!!

女子ならば、「塩控えめで、肉は1口サイズにカットして下さいな」と
お上品な雰囲気を醸し出しながらオーダーするのが懸命でございます。

デートで上品に行く店ではなく、気の合う友達とワイワイ食べる店で楽しかったあ。
焼酎好きな私は、メニュー豊富でこれまた嬉しゅうございました。

次はちゃんこでも食べに行かない?そらコウちゃん。

そうそう、そらコウちゃんは私が以前に惚れこんだ、素敵なアイツを連れてきてくれました。
[PR]

by umeyakko5656285 | 2006-09-17 00:17 | my friendsのこと
2006年 02月 20日

お誕生日会

以前から何度か書いている、友人たちとのお誕生日会。
今回の主賓はYちゃんです。
a0028740_262239.jpg

彼女は私の以前の職場の後輩で、すらっとした容姿も真っ直ぐな性格も昔から変わらない、
良い意味で天然ちゃんな(あれ、フォローしてない?)いいひとです。

彼女の天然具合の具体例については、長いお付き合いのなかで枚挙の暇がないけれど、
例えば今回も、まだDSを持ってないのにもかかわらず
プレゼントに「えいご漬け」を希望しちゃった、おとぼけさん。なぜに?!

それから、食事中に”アルマジロ”が話題に上ったのだけど「そんな生物は聞いたことない」と、困惑していた。

軽く説明してもピンと来ないようだったので「おうちに帰ったらウィキペディアで調べてごらん」と言ったら
手帳に「ウィッティーペデア」とメモしていた!
私の発音が悪くてすまなかった・・・。


今回のご希望は”オーガニックフード”だったので
先日、南青山の「New Organic Dining Orto」に行ってまいりました。
お昼間だったのと、素材の味を楽しみたかったのとで
全員シードルでお料理をいただきました。

a0028740_0503417.jpg

                生ハムの洋梨添え バルサミコソースと、鯛のカルパッチョ 青海苔のソース。
                どっちも美味しかったけど、青海苔ソースは特筆すべき深い味わい。


a0028740_0504543.jpg

               噛むほどに素材の味が感じられます。特に野菜は、感動的に色も味も濃い。


a0028740_212121.jpg
               苺のムース。口の中でフワっと溶けます。
               ボウルいっぱいでも食べられそうな、絶妙な甘味と酸味のコラボ。


私たちって、いつも大してリサーチしないでお店を選ぶけど
どこも肩肘張らずお手ごろで美味しい。
大きくハズシちゃったお店って、行ってないのです。今回もアタリ♡

自分の体に良いことをしたかったら、今回の店のご飯もオススメですよお。


Yちゃんは今はペット関連の会社に勤務しています。
昨年は新しい仕事を任され東奔西走しながらも
様々な資格を取ったり太極拳やバレエを習ったり、更にはペットシッターも!
いつも大忙し、かなりの努力家です。


Yちゃん、仕事やなんかで辛いことがあっても、いつでも肩を貸しちゃうわよ!
ずっと私たちがついてるから、ど~んときなさい、ど~んと!!

明日がお誕生日だね、おめでとう☆
[PR]

by umeyakko5656285 | 2006-02-20 01:12 | my friendsのこと
2006年 02月 18日

We miss you・・・

友人がパートナーと別れていたらしい。
最近、彼女自身からそれを聞いてショックを受けた。
彼女はその人と幸せに過ごしていけると信じていたし
彼女にも、ぜひ彼を支えて幸せにしてあげて欲しいと思っていたから。


彼に私たち夫婦はたいへんお世話になった。
自然な気配りができ優しく、真っ直ぐでいてユーモアがあり、
少年のように可愛らしい面を持つ方だった。

彼女を献身的に愛していた。
私たちは彼のことが大好きで、いつも会うのが楽しみだった。


けれども、私たちのことを彼が同じように思ってくれているか分からない。
もしかして、彼女の友達になど関わりたくないとさえ思っているかもしれない。
共通の友人を持つ機会がなかったので、
今、私たちは彼に会う理由を失くして悲しんでいる。

また、彼女が話す、満たされなかった気持ちや
別れるに至る経緯、二人が擦れ違い傷つけ合ったさまを聞いて、悲しんでいる。
彼女は私の大事な友達の一人なので、本当に胸が痛む。


しかし、彼女がもしこの記事を読んでも、
彼女に対し悪意がないと理解してくれることを願ってあえていうならば、
それはあくまで彼女の言い分でしかない。
彼が彼の友人に話す同じストーリーは、きっと違うものになっているはず。

私たちも彼の友人として聞き、(もし必要があれば)慰め、
この辛い経験を乗り越える手助けをする手段がないことを
私たちは心から悲しんでいる。


しょせん男女のことは当人同士にしか分からない。
避けられない不幸な出来事が起こったり、二人を取り巻く環境に変化があったり、
切ないことだけど、往々にしてあるものだ。

しかし私たちは、男女の仲が壊れたとき、どちらも非はない、または、
どちらかだけに非がある、ということが滅多にないというのを経験則で知っている。

彼は、彼女の周囲の人間に自分は悪く言われているだろう、
ひょっとしたら憎まれているかも、なんて思っていないかしら?


私たちと彼の間で、彼女の存在など知らなかったかのように錯覚できたら、どんなに楽だろう。
また一緒にたわいもない話をしたり、笑ったり、気持ちよくお酒を飲んだりしたいのに。

でもたぶん無理。
彼が早く立ち直り、今後も健康で幸せに過ごすことを願うしかできない。

大人というのは時に本当につまらない。
お行儀よく、でも無用な気遣いをしているだけのように思える。
[PR]

by umeyakko5656285 | 2006-02-18 02:11 | my friendsのこと
2005年 02月 20日

散々な一日

金曜日、友人の誕生日会を開きました。
2月21日生まれの彼女のため
春節なのでせっかくだから中華街に行って飲茶を食べよう!と提案しました。

当日は11時に待ち合わせでした。
そして目が覚めたらなんと10時半。こんな大寝坊って、記憶にないです。
本当に心臓が止まるかと思いました!

友人に慌てて連絡して、大急ぎで支度して出たのに道路渋滞に巻き込まれ、
けっきょく元町中華街駅に着いたのが12時半近く(泣)

先に始めててもらったので
私が着いたときにはもう友人たちは満腹になってしまっていて、
私自身はといえば、動揺のあまり、精一杯は食べられなかった・・・。

ちまきや花巻などボリュームのあるものが、目では欲しいのに食べられなくて残念。
でも色とりどりの点心の数々、とっても美味しかったです。

何だかんだ言ってデザートはほとんど全部のメニューをオーダーしたし。うふ。
お茶も、香りも味もよくて癒されました~。
やはりそこらの中華料理屋とは違います。


食後は隣の売店にて、夕方にお邪魔する友人宅へのお土産を購入。
デザートのマンゴープリンが美味だったのでそれに決めました。

店内にはお約束の月餅やら揚菓子やらのほかに
燕の巣入り缶ジュースなど不思議なものも売られていました。中国四千年の歴史、おそるべし。

・・・そもそも、三千年なの?四千年なの?そのへん、ずっとフワーっとしてる。


ふと振り返ると、友人が店先に屈んだ状態で何やら熱中しています。
手を水で濡らし鉄鍋の取っ手を擦って「龍の鳴き声」を出すのだそうな。
そして、龍が鳴く間に鍋に張った水の水面にさざなみがたつと開運招福の予兆とされ、
たいへん縁起が良いのだそうです。
もちろん、順番にやりましたよお。
a0028740_17344648.jpg

結果、ボワボワ音が鳴っているのにそれと分からず、さざなみにも気づかなかった、
いつもおとぼけさんな今日の主賓のみが、運が開けるようだということに。

最初にトライした友人や私のように、必死で擦る人でなく
無欲な人にこそ運が開けるのですわねえ。

さらに歩き、烏龍茎茶と高麗人参入りドリンク剤(jinsen tea)などを購入。
ブルース・リーのフィギュアや中国武器の店などに心を奪われつつも中華街を後にし
最近出産したばかりの友人宅へ向かうため移動。

このへんで、画像少ないね~、と思われた方。
悲しい事情は後でご説明いたします・・・。

さて。横浜というのは結構広いものです。
上半分を東西に移動するだけで、1時間はゆうにかかります。

運賃が高いため未だに悪評ふんぷんの市営地下鉄から田園都市線と乗り換え
友人宅へバスで移動したらもう辺りは暗くなってきました。

ちなみに横浜市営バスの椅子の座席はこんな模様なんですよ、可愛いですよね。
a0028740_17433338.jpg

友人は元旦に出産しました。
雪が降ったためタクシー会社の電話が繋がらず、やむなくバスで病院へ向かったそうですが(!)、
4時間ほどの安産だった親孝行な赤ちゃん。
しかも旦那さんが家にいる日に。

まだ1ヵ月半ながら、よく声を出しよく表情が変わりよく体を動かす、
とても元気で可愛らしい子でした。

正直なところ、たまにどう褒めようか迷ってしまう子がいますがこの子は本当に可愛い。
この赤ちゃんに、ハワイで買ってきたイルカ柄のスタイとサングラスをかけて記念撮影。

まだサングラスが大きかったけれど、この調子ですくすく育てば(現在5キロ!)
夏頃にはピッタリくるのじゃないかしら。楽しみ。
a0028740_23554043.jpg

(↑後日送ってもらった画像。ayutoくんママ、ありがとね~♡)

ここのご夫婦は本当に仲がよく、いつも家は綺麗だし、たいへんおもてなし上手です。
けっこう長いお付き合いですが、気取った感じもなく、それでいて
他人を居心地悪くさせるような言動や雰囲気を見せたことがありません。コレ、大切。

二人のこうした面は歳を経ても変わらなそうなので、本当に見習いたいものです。
たぶんとても良いパパママになるでしょう、頑張ってね!

そうそう、中華街での美味しい飲茶も、
中国武器の店先にあった、最強の暗殺拳と言われてるらしい”毒ツボ”も、
春節で賑わう中華街の町並みも、
元町中華街駅の、高さがあって美しい白の天井も、
可愛らしい赤ちゃんの表情の数々も。

ある事件で、この日携帯で撮影したすべての画像がパアになってしまったのです。

この友人ご夫婦の家を辞したとき。
玄関のドアを閉めた瞬間にドアレバーに手持ちのビニール袋を引っ掛けて落としました。

考えてみればこのときちょっと嫌な音がしたんですが、
烏龍茎茶の茶葉の袋と携帯しか入ってないはずだったので、よく確かめもせず。

駅へのバスに乗り込んだ後しばらくして、ビニール袋から水滴がポトポト・・・。
ああっ、高麗人参ドリンクがガラス瓶だったんだ・・・!!!
・・・携帯があっ!!!!!

・・・見事、水没してました。
この後、この携帯を購入した溝ノ口のドコモショップへ移動し、さらに
故障受付のある新百合ヶ丘の正規ドコモショップへ移動。

このあたりでは新百合ヶ丘のみが、夜10時までの受付なのです。
もう、電源は入るけど画面は真っ白になってしまい通話もできないので
翌日に持ち越さず、データをバックアップすべき、という判断で。

結果として、この日バックアップに走ったのは不幸中の幸いでした。
もう通常の方法でのバックアップはできなくなっていて、
裏技で何とか電話帳とブックマークのデータのみフロッピーに落としてもらえましたが
もう修理も出来ない状況になっており、やはり機種変を強いられました。

帰宅したら充電もできないし画面は真っ暗になったので、この日に決断して正解でした。
a0028740_011376.jpg

             さよなら。次もまたFを買うからね・・・。

前回の機種変から4ヶ月しか経っていなかったので
ペナルティーとして4千円を加算されたうえ、ポイントも残っていなかった・・・。

しかも水濡れは補償対象にならないので、
機種変料が一番安いほうの機種を選んでも、1万円近くの、予定外出費に。

そして、このすべての作業が終わってドコモショップを出たのが、もう夜10時。
疲労と空腹と精神的ショックのあまり、目が回って倒れそうでした。

何が悔しいって、この日撮った画像が・・・。
そして。
割と使い勝手の良かった前の機種は在庫切れで、
私の手のサイズに合わずジョグダイヤルも使いづらい、ソニーのになってしまったこと。



今日の教訓。
携帯は精密機器なので、普段は携帯ケースに入れて持ち歩き、水物と一緒にしない。


それから。
朝は一日の始まりがゆえに、朝の失敗は一日の失敗に繋がるね。そういうことだね。
[PR]

by umeyakko5656285 | 2005-02-20 12:51 | my friendsのこと
2005年 01月 09日

う~ん。。。

知り合いの20代の女の子が私に、話を聞いてくれと言った。


私ね、精神的に弱いところがある人を好きになっちゃうクセがあるみたい。
なんかね、マザコン男だったり超ナルシストだったり暴力男だったり。
そんなに貢いだってワケじゃないんだけど
大事な時間とか気持ちとかいろんなものを、
今までたくさんムダにしちゃった、って感じ。

たぶん自分に弱いところがあるからかもしれない。
今までの嫌なことはぜんぶ、自分が招いたことなんだなって今は思えるの。
だから、とうぶん彼氏は要らない。
いつもね、寂しくなって、誰でもいいから傍にいて欲しいなって思っちゃって
あんまり好きでもない、よく知らない人と付き合い始めちゃって、
そしたらその人はあんまりいい人じゃなかった、ってパターンばかりだった。
何回も同じようなことを繰り返さないと、私って学習できない人間だったんだ。

もっと強くなるために自分のことをよく理解したいと思うから、
今まで頼りにしてた家族とか友達とかが誰も居ないところで、
一人で頑張ってみようと思ってる。
その年になって何やってるんだ、って、きっと親に言われちゃうから
この秋にNYに発つことは直前まで黙ってるつもり。

私ね、今まで、家の中に一人で寝るってことが大嫌いだったから、
それはお化けとか出ちゃうんじゃないかって思っちゃうからなんだけど
自分にしては大冒険なんだよ、
いろんなことを一人でやって、
いろんな怖いことを一人で我慢できるようになりたいの。





人生経験が浅いうちはきっと
自分が好きなタイプの人と、自分と相性が良い人っていうのを
取り違えてしまう。
彼女は、不幸中の幸い、若いうちに何とか自力で悪循環から這い出して
一人で歩いていく力を身につけようとしている。
お化けよりもっと怖い、生身の人間に
また悩まされることもあるかもしれないけれど。
いろんな人を好きになって、イタイ思いもして
少しずつ分かっていけたらいいのかもしれない。

でも。
暴力男だけは、絶対にだめ。
私の友人の友人や遠縁に、彼や旦那さんから暴力を受けている女性が最近多い。
彼女たちは必ず、
「私が悪いことをしたの」
「彼は悪くないの」
「(私が)(世間が)(家族が)彼を追い込んでしまったの」
「彼は少しデリケートなの」
「私しか彼を理解してあげられないから傍にいてあげないと」
「でも普段はとっても良い人なの」
というようなことを言って相手を擁護する。
なぜか、もしその人と別れることができても
別の相手からまた同じように暴力を受けてしまう「体質」になってしまうことも
けっこう多いみたい。
それに、周囲のアドバイスを受けてすぐに別れる人もあまりいないし
周囲に自ら助けを求める人というのも、あまり聞いたことがない。

暴力を受けて心ならずも甘んじている女性は
今、世の中にたくさんいるのかもしれない。
専門的なことは私には分からないけれど
このコのように、
暴力を受ける側にも何かしら問題があるのかもしれない。
ただ、もし私がその場にいあわせたら絶対に言いたいのは、

あなた自身が一番愛している人から、暴力を受けるのは間違っている。
暴力を受けたあなたが謝るのは間違っている。
あなたがそれを耐え忍ぶ必要はない。


あなたが自分自身を大切にできないなら、
たぶん互いにとってそれは不幸なことです。
怖くて一人では何もできないなら、すぐに誰かに助けを求めて下さい。
でもできればその暴力はその場で、百倍にして返してやって欲しい!
勇気を出して!
あなたの幸せは、他人によってではなく自分で生み出していくもののはずです。
あなた自身の人生だから。



今日の食事
朝食:トースト、玉こんにゃく、餃子、カフェオレ
昼食:おにぎり(辛子高菜、ツナマヨ)、オリーブ茶
間食:飴ちゃん3粒
夕食:炒飯、ワカメスープ、ホウレン草のゴマ和え、オリーブ茶
[PR]

by umeyakko5656285 | 2005-01-09 00:10 | my friendsのこと
2004年 11月 21日

お誕生日会♪

日付変わって昨晩のことになりますが
友人たちがお祝いにご馳走してくれました。

今晩の外ご飯こそは
「食べる前に撮る!」を心がけるつもりでしたが・・・
久々に会う友達との会話が弾み空腹も手伝って
やっぱりお料理を撮影するのを忘れました。
ええ、デザートすらも!

肩の凝らないカジュアルな感じの、何でも美味しいブラッセリーでした。
友人たちと全部のお皿をお味見し合いましたが(女性の特権ですわね)、
特にオマールのプディングやフォワグラのポワレ、
仔鴨ローストなんかがとっても美味しかった。
パンもいろいろなのが食べたくなって、ついお皿をあけてしまい・・・。
おとなりの「エノテカ」からワインの持ち込みもできるそうですよ。
気の置けない友達と、ぜひ。
ブラッセリー&ブーランジェリー・ブルディガラ 玉川髙島屋S・C
a0028740_1322924.jpg


そして、プレゼントには
私のオーダーしていたアニタの新譜♪
ブリトニーのベストにしなくて良かった(ファンの方ごめんなさい、悪気はありません)。
アレはアレでいいのだけれど、
今晩のような日に帰宅してからじっくり聴くには
やっぱりこのシルキーヴォイスのほうがしっくりきます。

みんな、楽しい夜をありがとう。次は2月だわね。
[PR]

by umeyakko5656285 | 2004-11-21 01:32 | my friendsのこと
2004年 07月 30日

命の輝き

先日、友達の臨月のお腹の画像をupしておりましたが。
ついにお目見えしました。
なんと30分でお母さんのお腹から飛び出してきた、元気で可愛いお嬢さんです。

a0028740_0184561.jpg




私たち夫婦にはまだ子供がおりません。
地球規模での環境の変化がもたらす影響、道徳観念の欠如、物騒な事件、
どこか歪んでいる子供の世界、不親切な行政・・・。
今よりもさらに政治・経済の安定していないであろう将来の日本で
少子化世代が背負っていかねばならない様々なもの。
子供を一人の人間として育て上げる決心が、私たちにはなかなか出来ずにいます。

しかし。そんな逡巡の間にも、こうして次々に生命は誕生しているのです。
この無垢で純粋な輝きを、この子の親だけでなく、
すべての大人たちが責任をもって慈しみ育てなければ。

厳粛な想いを抱いた夜でした。
[PR]

by umeyakko5656285 | 2004-07-30 00:19 | my friendsのこと
2004年 07月 12日

お誕生日パーティー

以前の勤めの同期1人&後輩2人と気が合って
全員退職し主婦になった今でも、仲良く長くお付き合いさせてもらってます。
互いのお誕生日のお祝いとして、美味しいものを食べにいくことにしてます。

大げさなものではなく、都内かせいぜい横浜までの間で、
いかに美味しくお得なコジャレた店を見つけるか、がポイントです。
昨日は7月生まれの一人のお祝いに、プレゼントは夏物のお洋服を用意して、
川崎はチッタデッラに入っている「イル・ピノーロ」というイタリアンのお店へ。

私を含めみんなお腹がペコペコで、しかもお料理全部が本当に美味しくて、
食べることと、尽きないおしゃべりに夢中。
デザートに手をつけてから(しまった、一皿も写真を撮ってない!)と気づきました。
盛り付けもあんなに凝っていたのに残念・・・。
なので、お店の入口の写真を。 (^▽^;)
チッタデッラの3F、丘の上に建っているイメージで落ち着いた雰囲気です。
a0028740_8142.jpg

「スペシャル・ランチ」というコースをいただきました。@¥3,400-。
それぞれチョイスしたメインもちょっとずつ味見に分け合ってみましたが
コースを通し一つとして見た目も味も「ハズレ皿」がありません。
ワインも進みました。
なかなかオサレでお手入れの行き届いた店内で、
楽しいお誕生日会を満喫しました~。
[PR]

by umeyakko5656285 | 2004-07-12 08:15 | my friendsのこと