<   2005年 01月 ( 10 )   > この月の画像一覧


2005年 01月 30日

旅行記~出発から1日目まで~

行って来ましたよ、冬のハワイ。

萩奴家における史上最高の貧乏旅行でしたが、楽しかった~。
萩奴夫婦の「命の洗濯~ハワイ旅行記」をアップします。

あの、たぶんつらつらと長ったらしく書くので、覚悟してください。
ま、ブログは自分のためですものね。
書きたいように書きますので、ご興味なければすっ飛ばして下さいませ。


いつもより簡単に支度ができてしまったので、
出発までダーは落ち着かなげでした。
荷物が少なすぎて、何か入れ忘れてるのじゃないかと。

ウインドの道具であるハーネス、ワンデーアキュビュー、
忘れちゃならないパスポート、これらさえ自前のものを用意できれば、
衣類の替えとか歯磨きセットなんてものは、現地調達で十分なくらいの人なのです。

化粧品やら生理用品やらアクセサリーやらが要らなくて、
男性はいいですのう。

成田へはリムジンバスを予約してましたので、最寄り駅へ移動。
途中で簡単に昼食を摂ろうということになったのですが、
私は早くもハワイモードになっていたらしく、珍しくも、進んでマックへ。

その気になればこれから毎日食べられるのにね。
でもやっぱり美味しくなかったです・・・。

その後の消化不良が若干心配でしたが、
いつものごとく乗り物に乗車15分後には熟睡できる私。
母による幼少時の刷り込みのおかげでございます。「乗り物に乗ったら、寝てしまえ」

その間、ダーは隣で
「六本木ヒルズはどれなんだ?」としばらく悩んでいたそうです。

このヒト、旅行時のリムジンバス以外で多摩川を前回渡ったのは
5年前に銀座へ結婚指輪を買いに行った時。
東京は苦手なんですって。

まあ、都内で10年以上もOLしてたくせに、私もそうですが。
私たちが今、台場や汐留に行ったら迷子札が必要かもしれません。

やがてバスは無事90分ほどで成田着。
19時半の出発なのに、まだ15時過ぎです。

ドルを買ってお土産を買って本を買ってもまだまだ余裕なので、
スタバのカプチーノをすすりながらひたすら飛行機を眺めていました。
こんな余裕があるなら、
いっときでも長くうめを構ってあげたかったというのが正直なところ。

うめこは本当は、誰の助けも借りず生きていけるindependent womanですが、
同居人たちの勝手で旅行するたび、寂しく不便な思いをさせて、申し訳ない限りです。
かといって、室内にとじこめておけない性質の方なので、
ペットホテルとか人に預けるとか、ぜったいムリ。
a0028740_11585187.jpg


定刻どおりチャイナエアラインは出発しました。
機体の小さな飛行機だったからか、成田離陸直後から終始、
「気流の悪いところを通過しております」というアナウンスとともに
遊園地のアトラクションのごとく上下左右に激しく揺れて
あまり眠れませんでした。

機内ではときおり悲鳴も上がるような有様で、
飛行機の苦手な方や体調の優れない方には地獄の6時間半だったことでしょう。

なんといっても、空の上では逃げ場がありませんもの。
やっぱり冬だからかな~?



ともあれ、無事にホノルル着。
残念ながら冬のハワイは、空港に降り立った瞬間に感じるあの独特の花の香りもなく、
肌寒く空もグレーでした。気分もちょっぴりグレー。

南国にバケーションにきたぜ!的な開放感もまだ感じられません。
a0028740_150444.jpg


H.I.S.の安パッケージの渡ハなので、ガサっとワゴンに詰め込まれ
免税店内の事務所で開かれる説明会へ。

あれ、本当に嫌なシステムです。
女性が狭い部屋に何十人も押し込めて1時間ほど喋りまくるのですが、
旅行者にとって最低限必要な連絡・注意事項は10分もあれば十分。

じゃ後は何を話すのかというと、お土産品販売やツアーの説明で、
どう考えても特定の会社や店からマージンをとってるとしか思えない、正しく「営業」です。
希望者だけにして欲しいです。
到着後間もないから、あれでドッと疲れてしまうのです。

そうそう、この説明会で、食事クーポンを購入していた人たちに
あのエッグス・ン・シングスのクーポンを配っていたのを見ました。
だからきっと今までと違い、日中はたいへんな混雑になってるんですね。

エッグス・ン・シングスへは、夜間か早朝に行くことをオススメします。
私たちはだいたい23時の開店頃に行きますけれど
今回もお客は5組ほどいただけでしたよ。

説明会後は、まずは朝食に向かいましたが
エッグス・ン・シングスは既に行列が出来ていたので
近くの「チーズバーガーズ・イン・ワイキキ」へ。

パンケーキやらスクランブルエッグやらのオーソドックスな朝食をオーダー、
まったりしていると陽が射してきて、少しハワイにきた気分がでてきました。
ここのスムージーは味が濃くて、なかなかの美味でした。
a0028740_1481081.jpg


ホテルのチェックインを待たず友人の旦那様と合流。
未踏の地、パールリッジに一度落としてもらいました。

当日はDr. Martin Luther King's Dayによる三連休最終日だったので
セールも行われており、かなりの混雑ぶりです。

そうそう、カラカウア・アヴェニューでは、
アフリカン・アメリカンの方々によるパレードも行われていましたっけ。

他のショッピングモールより赤ちゃん・幼児連れの人や
ローカルの学生たちが多かったようです。
私は書籍店のBordersにて、ウクレレのコード本とリボン・レイ・メーキング本、
そしてサプリ専門店にて友人に頼まれたコエンザイムをゲット。
さすがサプリ大国アメリカ、噂に違わぬ安価です。
自分のぶんと、あとティーツリーオイルも買ってしまいました。日本であまり見かけないよね。
うめこがケガしたら使えそう。

ひとしきり巡っていたら人いきれして疲れてしまい、
Cold Stone Creameryで一休みしていたところにバケツの水をひっくり返したような雨が!
さ、さむい!
いや、いや、こんなの、求めてきたハワイじゃないわ。やめて~。

タイミングよく友人ご夫妻が私たちを拾いに現れてくれました。

瀟洒な邸宅へお招きを受け、一休み。夕食は私たちの希望でBBQです。
世話好きな優しい旦那様と共に、costcoへ買出しに行きました。

悲しいことに、ここで
格安のコエンザイムと、これまた格安の、さっき買ったウクレレ本を発見。
オアフでお土産を買うなら、まずはcostcoへ、ってことですね。
早まってしまったことに、いたく反省。

ここでは夕食の食材(肉、サラダ、ポキ2種類などなど)と、
お土産のシリアルバー30個入り、ジェイクの新譜、滞在中のための7枚入りショーツをゲット。
初日にして、既に買い物しすぎ。
またしても反省し、konaコーヒーは棚に戻して、帰宅です。

さて、いよいよホストの腕自慢のBBQ。
私たちゲストと奥様は、ドリトスとポキを、ホスト特製の美味しいカクテルやビールで楽しみ、
肉のサーブを待ちます。
旦那様は一人、篠つく雨のなか、お庭の一角で焼いてくださっています。
ああ、人の作ってくれるご飯て、本当に楽しいですねっ。

やがて、お待たせ~の声と共に、
ハワイアンソルトで味付けされたジューシーな柔らかビーフが山盛りで登場。
もう逆立ちはできません、てぐらい肉を頬張り、
口から芽が出そうなくらいサラダを頬張り。
ご夫妻がご愛用のRanchドレッシングというのが、
サッパリクリーミーで美味だったので、先日のA氏へのお土産リストに加えました。

さすがに、気心知れた仲のお喋りの勢いでも燃焼が追いつかなかったので
肉の供給にやがてギブ・アップ。
でもうちのダンナはしっかり別腹に空きを残しておいてアイスクリームまで食べていました。
なんで太らないんだろう、このひと!!!ムカ。

a0028740_1026531.jpg

2日目の天気は、どうも思わしくない予報。
ダー待望の、ウインドのメッカ、カイルアへ向かいます。
[PR]

by umeyakko5656285 | 2005-01-30 11:56 | hawaiiのこと
2005年 01月 12日

観たぞ~!

skycafeさんのThe Terminalにトラバです。

って、skycafeさんの元記事が分かりやすくて丁寧なので、
もう細かく書くのやめました。

簡潔に言うと、やっぱり
受ける映画作りを熟知したスタッフ&芝居上手なキャストが
洒落心満載で作った、って感じ。
若干、中だるみが感じられたけど
たぶんトムをはじめキャストのアドリブ演技が余りに面白くて
カットするシーンに苦労したのだろう、と思われる。
さすが、面白い。

でもあそこまで盛り上げたんだから
最後はもう少しドラマチックに持っていってくれればいいのに~。

映画館を出たところで高校生の男の子が友達に、
で、噴水って結局動かね~じゃん、あれ何か意味あんの?って言ってたのが
印象的でした。

ふふふ、大人の理屈っぽい目で見るとだね、
あれは、思うようにならない恋愛のもどかしさと、
それでも人生は美しい、っていうのを象徴してるのさ。たぶんね。
[PR]

by umeyakko5656285 | 2005-01-12 00:14 | entertainmentのこと
2005年 01月 10日

あときんす・・・

いつ、すりこまれたのかわからないけれど、どうも
しょくじはばらんすよく、とか
まいしょくかならずたべなければ、というがいねんに
いまだにとらわれているようです。
もう、せいちょうきじゃ、ないのにな。

あまりしょくよくがないときも
たべなきゃからだにわるいとおもいこんでしまうし、
たべるとなったら
おこめ、にく、さかな、いろんないろのやさい、にゅうせいひん、
こんさい、まめ、かいそう、たまご・・・
いろいろかんがえながら、わりときちんと、たべてしまいます。

そして、さいきんになって、どうやら
たんすいかぶつがだいすきなんだ、ってことに
いまさらながらきがつきました。

どうしても、しゅしょくをぬくのがむずかしい。
おからとかこんにゃくに、おきかえたつもりでも、
ものたりなくてごはんをたべたりしちゃうから、
さいきんは、さいしょからごはんをたべる。
そして、あまいものも、「ぬき」はありえない。
あときんす・だいえっとは、わたしには、むりっぽい。
そもそも、ゆぶんをとってもいいというのは、りろんてきに、どうなんでしょう?

どうしよう・・・この10ねんでついたしぼうは、
いっしょうついたままになるのかしら?

いしが、つよくなりたい。


昨日(日付が変わったものね)の食事

朝食:トースト、ブロッコリー、砂肝炒め、カフェオレ
昼食:お雑煮(根菜・青菜・蝦すり身入り)、オリーブ茶
間食:プリン
夕食:御粥、いくらの醤油漬け
[PR]

by umeyakko5656285 | 2005-01-10 02:25 | 徒然のこと
2005年 01月 09日

う~ん。。。

知り合いの20代の女の子が私に、話を聞いてくれと言った。


私ね、精神的に弱いところがある人を好きになっちゃうクセがあるみたい。
なんかね、マザコン男だったり超ナルシストだったり暴力男だったり。
そんなに貢いだってワケじゃないんだけど
大事な時間とか気持ちとかいろんなものを、
今までたくさんムダにしちゃった、って感じ。

たぶん自分に弱いところがあるからかもしれない。
今までの嫌なことはぜんぶ、自分が招いたことなんだなって今は思えるの。
だから、とうぶん彼氏は要らない。
いつもね、寂しくなって、誰でもいいから傍にいて欲しいなって思っちゃって
あんまり好きでもない、よく知らない人と付き合い始めちゃって、
そしたらその人はあんまりいい人じゃなかった、ってパターンばかりだった。
何回も同じようなことを繰り返さないと、私って学習できない人間だったんだ。

もっと強くなるために自分のことをよく理解したいと思うから、
今まで頼りにしてた家族とか友達とかが誰も居ないところで、
一人で頑張ってみようと思ってる。
その年になって何やってるんだ、って、きっと親に言われちゃうから
この秋にNYに発つことは直前まで黙ってるつもり。

私ね、今まで、家の中に一人で寝るってことが大嫌いだったから、
それはお化けとか出ちゃうんじゃないかって思っちゃうからなんだけど
自分にしては大冒険なんだよ、
いろんなことを一人でやって、
いろんな怖いことを一人で我慢できるようになりたいの。





人生経験が浅いうちはきっと
自分が好きなタイプの人と、自分と相性が良い人っていうのを
取り違えてしまう。
彼女は、不幸中の幸い、若いうちに何とか自力で悪循環から這い出して
一人で歩いていく力を身につけようとしている。
お化けよりもっと怖い、生身の人間に
また悩まされることもあるかもしれないけれど。
いろんな人を好きになって、イタイ思いもして
少しずつ分かっていけたらいいのかもしれない。

でも。
暴力男だけは、絶対にだめ。
私の友人の友人や遠縁に、彼や旦那さんから暴力を受けている女性が最近多い。
彼女たちは必ず、
「私が悪いことをしたの」
「彼は悪くないの」
「(私が)(世間が)(家族が)彼を追い込んでしまったの」
「彼は少しデリケートなの」
「私しか彼を理解してあげられないから傍にいてあげないと」
「でも普段はとっても良い人なの」
というようなことを言って相手を擁護する。
なぜか、もしその人と別れることができても
別の相手からまた同じように暴力を受けてしまう「体質」になってしまうことも
けっこう多いみたい。
それに、周囲のアドバイスを受けてすぐに別れる人もあまりいないし
周囲に自ら助けを求める人というのも、あまり聞いたことがない。

暴力を受けて心ならずも甘んじている女性は
今、世の中にたくさんいるのかもしれない。
専門的なことは私には分からないけれど
このコのように、
暴力を受ける側にも何かしら問題があるのかもしれない。
ただ、もし私がその場にいあわせたら絶対に言いたいのは、

あなた自身が一番愛している人から、暴力を受けるのは間違っている。
暴力を受けたあなたが謝るのは間違っている。
あなたがそれを耐え忍ぶ必要はない。


あなたが自分自身を大切にできないなら、
たぶん互いにとってそれは不幸なことです。
怖くて一人では何もできないなら、すぐに誰かに助けを求めて下さい。
でもできればその暴力はその場で、百倍にして返してやって欲しい!
勇気を出して!
あなたの幸せは、他人によってではなく自分で生み出していくもののはずです。
あなた自身の人生だから。



今日の食事
朝食:トースト、玉こんにゃく、餃子、カフェオレ
昼食:おにぎり(辛子高菜、ツナマヨ)、オリーブ茶
間食:飴ちゃん3粒
夕食:炒飯、ワカメスープ、ホウレン草のゴマ和え、オリーブ茶
[PR]

by umeyakko5656285 | 2005-01-09 00:10 | my friendsのこと
2005年 01月 07日

風邪ひかないでよ・・・

ダーは今日はお休みです。
朝から意気揚々と海へでかけました。
年明け初のwind surfing。
今日は割と暖かかったし、そこそこ風も吹いたようなので楽しかったでしょう。

これは昨秋の画像。天気は悪かったので空も海もグレーですね。
でも本人は珍しく?レースのトップを走っており、満面の笑みです。
子供みたいです。
a0028740_19574259.jpg

毎年思うけれど、
この寒い時期に、ようやるわ。
でももうすぐ、
あったかい青い海でやれるわね~。







今月ちょっくらハワイへ行くことになりました。
という訳で、少ししたらまたサボリます。すみません。
ビンボーな我が家は、ぢみ~に過ごして参りますので
華やかな記事や画像はアップできそうにありませんが
ただの旅行記録にならぬよう
何かしら面白いモノを見つけてきたいと思っちょります!

フラも、またビショップでノエラニ先生のレッスンを受けたいと思ってますが
もし他にオススメのレッスンをご存知の方がいらしたら
ぜひ教えて下さいませ。

お天気が良いといいのだけどな、
もともと雨季だし最近は悪天候が続いているようです。
ここは、私たちの日頃の行いの現れるところかもしれません・・・。




今日の食事。 ←今年は書くことにしてみました、が暴飲暴食しちゃったら書きません(爆)
朝:トースト、ブロッコリー、カフェオレ
昼:残り物お味噌汁のおじや
間:カボチャのビスケット3個、オリーブ茶
夜:七草粥、餃子、いくらの醤油漬、オリーブ茶
[PR]

by umeyakko5656285 | 2005-01-07 20:06 | my darlingのこと
2005年 01月 05日

お、フフフ・・・・ pt.2

前回の続きです。


やっと会えたA氏。
感激もひとしお、思わず握手!
あんなに小まめにお料理されているなら水仕事も多かろう、でも
ガサガサしていなくて温かく、
きちんとした人となりが表れているような、指先まで綺麗なおててでした。
私は男性の人柄を判断するとき一つの材料として
手を観察するのでございます。
Aさま、貴方様のおてては、立派な「武器」になりますよ。

日頃ご自分のブログで豆腐ダイエットメニューを紹介されたり
体重計の目盛りを公開されたりしていたので
気は優しくて力持ち、的な、少しゴツイ方のイメージがありましたが。
手だけでなく全体的に、とってもソフトな雰囲気の男性です。

そして私たちはAさんのさりげないエスコートで
黒を基調にした内装のコジャレた居酒屋へ。
小石が敷かれた窪みに水が張られ竹が植わっているスペースを抜け
かまくらのような半円形の屋根と壁で仕切られた個室へ。
あらら、こんな至近距離で座ってしまってどうしましょ?

まずはアルコールを、と注文したのがだいたい午後2時くらいでしょうか。
正月だもの、と昼から飲む気満々な3人。
約2週間ぶりに会ったB女史と言葉を交わしているなかで
A氏はメニューから注文を見繕って下さっていました。
さすがの心配りです。
a0028740_1921235.jpg

さりげなくA氏も写してみました。


お正月の疲れた胃腸も休まる、優しい京風味のお料理に舌鼓を打って
四方山話に花も咲きかけたところで
この居酒屋さんの昼の部が終わり追い出されてしまったので
お次はエスニックなレストランへ。
ここでもA氏はさりげなくウエイトレスさんにいくつかオーダー。
これがまた、ハズレなしの美味しいものばかり。
どこで私たちの好みをリサーチされたのかと思ってしまうくらいです。
a0028740_2052720.jpg


この気配りで「モテない」とおっっしゃるのは、どういうことなんだろうか?
本当はけっこう、選り取りみどりだったりするんでは?という疑問も湧き。

この日はその辺を突っ込むのも隠れたテーマの一つだったようで
少しずつ掘り下げていくうち、やがて既婚女子2人が叱咤激励モードに。
だって、いつもあまりに不器用でマジメで
きっといつも色んなシーンで損しちゃってるんだろうと、じれったくなってしまって。
確かにA氏のブログには、その不器用さゆえの優しさがいつも溢れています。
だからこその、あの人気なのでしょう。

途中、B女史は他の用事があって退席し
私はA氏とともに寄り道しつつ、駅へ向かってそぞろ歩き。
程よくアルコールも入ってますし調子に乗って
「こうして買い物なんかしてると、店員さんには、
休日の夫婦モンにみえるんでしょーねー」とつぶやいたら
A氏は一瞬固まり、聞こえなかった振りをして移動していってしまいました。
ごめんなさい、イジメのようでした。
主婦はデリカシーに欠けているのです、許して。
・・・ポリポリ・・・。

日も落ちて冷えてきましたが、今日の出会いで心はポカポカです。

それにしても不思議なものです。
お互いの生活、趣味や嗜好はよく知っているので
古い友人のような気軽さもあれば、
実物に会って初めて解けるナゾもあったり。

雑踏を歩きながら、2人並んで写したお宝画像をゲットしました。
画像アップはナシ。これは私のPCに大事にしまっておきます。

帰りに、偶然にも私の母と遭遇しまして。
母が後でいわく「なかなか好青年じゃない」。
母はただいま花の独身なので、本気でプッシュしようかと思いました。
A様がもしその気になったら、ご連絡いただきたいところでございます。

A様、当日はご馳走様でした。B女史も、本当にありがとう♡
[PR]

by umeyakko5656285 | 2005-01-05 19:21 | 徒然のこと
2005年 01月 05日

お、フフフ・・・・

ルミ姉のパクリからスタートです。フフフ・・・。

先日、初のオフ会に行って参りました。
お相手はA氏とB女史。
A氏は一つ記事をアップするとコメントが数十も押し寄せるような
超人気ブロガーです。
ここを覗くたび、まめなアップに尊敬するとともに
自分のご飯作りに対するスタンスが恥ずかしくなります。

マジメなとても優しい方のようで、一つ一つ丁寧にレスされるので、
私ごときがご迷惑をかけぬよう、
たまにお邪魔するものの専らロムに徹していることも鑑みて、
まして人妻の私など、まるで眼中にないだろうと思っておりましたが
今度お会いしたいと正直な胸中を吐露したところ
私と旧知の間柄のB子が橋渡しをしてくれて
突然にお目にかかる機会をいただいたのです。

前夜、B子からメール。
「13時に駅に着いたら電話して」。
ドキドキです。
この調子でスタンプラリーをして、10箇所目にやっとA氏にお会いできたら
もうサヨナラの時間になっていた、なんてことになったらどうしましょう?

さて、当日13時です。
B子に電話、電話。・・・・
「・・・(雑音)・・・エキデン・・・(雑音)・・・10分で・・・スタバで待ってて。」
え~っ・・・エキデンってなに?
早口と雑音で半分以上が聞こえず、
訳のわからぬまま、とりあえずはスタバへ移動。
次なる指令は何か?

そしてスタバにて、怯えつつB子やA氏と思しき方を探すが見つからず。
これはコーヒーでも飲んで待っていろ、ということなのか?
緊張のあまり俄かにカフェインを欲した私はレジへ並び、しばし待つ。
するとB子からの電話が。
「あ、並んでる?外に出てきて」
ついにそこには、ソフトな笑みの好男子、
夢に見た(^皿^)あのA氏が立っておられたのです!

(続く)
[PR]

by umeyakko5656285 | 2005-01-05 01:25 | blogのこと
2005年 01月 03日

K-1よ、どこへ行く・・・

先ほどK-1の特番を放送していた。

数年来のK-1ファンだった私。
一昨年あたりからは、あまり熱を入れて観なくなってきた。
この大晦日も、最初こそK-1も覗いたりしていたものの、
予想通りPRIDEのほうが断然面白くて最後はまったく局を変えなかったので、
大好きだったアビディも観ずに終わってしまった。

だって、あれは格闘技じゃなくて、単なるショーだ。
まあ、プロスポーツというのはエンターテイメントだと思うし
K-1はことに、元からショーの要素は大きかったけれど。

やはり館長は、
経営者としては失格だったのかもしれないが
プロデューサーとしては辣腕だったのだろうと思わざるを得ない。
その館長のせいでイメージダウンしたのだから、という人も多いだろうし、
現在のプロデューサーの皆さんがとても苦労しているのは、分かる。
ファイトマネーやら何やら、ポンポンばら撒くわけにはいかないだろう。

でもね、スター選手が曙じゃあ。
手に汗握る、とか
思わず立ち上がってしまうくらい興奮する、っていうような、
スピード感やら緊迫感やらが、彼によってもたらされるだろうか。
武蔵?
問題外。
ボンヤスキーが、変な方向に持ってかれずに良い選手に育つよう、
ボタやセフォーらがK-1に出続けてくれるよう、期待するしかないのかな。

それにしても、ハントは良い試合をしていた。
新たなフィールドでも、彼の持ち味や持てる才能が存分に発揮されて
小気味良い試合だった。
身体能力がかなり高いらしいが、十二分にトレーニングしたのだろう。
ファンとしてはK-1にもまた出場してほしい気がする反面、
K-1ではもったいないのでPRIDEに絞ってほしい気もする。

思えば、ハントがK-1でタイトルをとったときの試合は、
我が家では大盛り上がりだった。
あの頃のK-1が懐かしいなあ・・・。
[PR]

by umeyakko5656285 | 2005-01-03 01:13 | entertainmentのこと
2005年 01月 01日

頑張っておくれ~。

ダーリンは正月早々お仕事でございます。
年末年始が忙しい仕事で、
シフト制なのですが元旦に休みが取れたことは一度もないそうで
私も結婚して以来、日中は一人静かに過ごす日となっております。

今年は不幸中の幸い、悪天候の昨日は休みでした。
しかし三ヶ日中は毎日仕事です。
かわいそうなことに、正月気分になぞ浸っている暇がないのです。

今朝の出勤時には道路が凍りそうだったので、
ダーは少し早めに出勤できるよう四時半起床にすると宣言したため、
雪から変わった雨も降り止んだ昨夜七時頃に、
玄関から10数メートル範囲の雪かきをして、部分的に塩も撒いておきました。
自宅付近はどこに出るにも坂道で、原付で通勤するダーが転びやすいのです。

今朝彼を見送っていたら、あんなに掻いておいたのに
やっぱりズルズルと坂を滑り落ちてましたけどね。
エンジン音の消えた原付に引っ張られるように、斜めになって (^_^;)
それでも夜のうちにやらなかったら、
たぶん広い道路に出るまでかなり時間がかかってしまったと思います。
私の母は山形出身なので、この有様を見たらさぞ情けながるでしょうけれど。

私と同じように東京近県にお住まいの方はきっと、
雪の日はなるべく外に出ないようにしますよね?
すぐ転んじゃうし車は滑っちゃうし公共交通機関は乱れるし。
数センチの積雪でも、都心の住人にはテキメンですよね。

しかし、この雪かきが、やってみたら楽しくて楽しくて。
さっきまで家の中で寒がっていた、って感じだったのに
薄着で鼻歌歌いながら数十分もやってしまいましたの。
ナイス・エクササイズ!
この後のお酒と年越し蕎麦が美味しかったわん♡
・・・あ、それでチャラになってる?

もしまた雪が降ったら。
自宅周りが平坦でもね、お正月太りの身体に雪かき、オススメです!
[PR]

by umeyakko5656285 | 2005-01-01 18:34 | my darlingのこと
2005年 01月 01日

今年もどうぞよろしく!

明けましておめでとうございます。
ここにお越しくださった皆様の
ご健康とご多幸をお祈り申し上げます。




私の今年の抱負。


・フラのスキルアップ
・英会話学校でのレベルアップ
・ブログのこまめなアップ
・7キロ程度&体脂肪率10%ダウンのシェイプアップ


年始早々おさぶいでしょうか・・・いたってマジメな気持ちです。

来年のことを話すと鬼が笑うと言いますが
[PR]

by umeyakko5656285 | 2005-01-01 00:43 | 徒然のこと